カテゴリー「コメントルール」の記事

2007年2月18日 (日)

コメントの書き込みについて

☆A&U大阪ブログへようこそ☆

A&U大阪ブログでは考えのちがいを問わず、かったつに議論をしていきたいと考えています。
記事への感想を持たれたかたはぜひ、ブログのコメント欄に書き込んでください。

コメントは管理者の承認制としますが、批判・賛同を問わず、基本的に承認します。(たいてい1〜2晩のうちに承認しています。)

先日、一部の方々が、ブログを荒らすことを目的に書き込みを長々と続けるということが起こったため、コメントを承認制とし、以下のとおりコメント削除・退場規定を作成し、その方々を中心に運用させていただきます。
(2006年12月)

---
A&U大阪ブログ管理者として、以下の削除規定により、差別または中傷とみなした書き込みを削除します。
ただし、議論のためなどA&Uが必要性のあると判断したものについては削除しません。
また、「削除」とは正確には「コメントの非表示」であり、記録としては管理者が保存していますので、必要性があると判断した場合は過去の書き込みとして引用します。

以下、削除規定等
《削除規定1》
現在の社会構造下で抑圧・被抑圧関係にある人間間において、その抑圧関係に係り、被抑圧側の者をおとしめる発言またはハンドルネーム。(例:在日朝鮮人・朝鮮人、女性、障がい者、野宿者等をおとしめる発言。)

《削除規定2》
実在する特定の個人・団体をさげすむことを目的とした発言またはハンドルネーム。(例:掲載写真や文中の人物などについて容姿や性格をおとしめる発言。)ただし権力者へのそれを除く。

《削除規定3》
その他、ブログ運営含めA&U大阪または反戦運動の敵対・妨害を目的とした発言またはハンドルネーム。

《削除規定4》
記事に無関係なやり取りを行い、その結果ブログ運営の妨げになったやり取り全体。

《退場規定》
さらに、書き込みへの警告や削除を受けてもなお差別または中傷発言を繰り返す者については今後の書き込みをお断りします。基本的には自主的な退場を願いますが、場合によってはあらゆる手段を検討します。

これらの基準についてはブログ管理者が絶対的権限を行使するものであり、管理者が意義を感じる範囲において削除理由を付しますが、あくまでも最終判断は管理者に負うものであることを確認しておきます。

| | トラックバック (0)