カテゴリー「つぶやき」の記事

2011年9月 6日 (火)

9・11 すべての原発いますぐなくそう!全国100万人アクション in 大阪

9・11 すべての原発いますぐなくそう!全国100万人アクション in 大阪
★すべての原発の再稼働をとめよう!
★被爆労働を強制するな! 非正規職撤廃!
★フクシマを返せ!政府・電力会社は全責任をとれ!
★生きぬくために、労働組合の力で外注化・民営化を止めよう!

9月11日(日)午後1時 大阪・中之島剣先公園集合
(地下鉄堺筋線・京阪「北浜」駅から歩いて5分)
●午後1時~集会 ●午後3時~デモ
             
《よびかけ》
すべての原発いますぐなくそう全国会議
http://nazen.info/
【NAZEN】すべての原発いますぐなくそう!全国集会 in 広島 (20110805)
http://www.youtube.com/watch?v=bOQ00gwFtPc&feature=player_embedded

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

晩ご飯シリーズ 続きます

晩ご飯シリーズ 続きます

晩ご飯シリーズ 続きます

晩ご飯シリーズ 続きます
ユメウツツです。

食べ物記事がわりと好評なんで、調子に乗って、最近取りだめしてたやつアップ。
(やっぱり食べてるものまで載せてこそ立派な大衆ブログ?)

けどだいたい、ひじき、おから、サラダが定番メニューなので…、あとカレーも。
すぐネタ切れかも。地味かも。

写真アップできるように色んな料理作ってみようかな。

そういえば活動家(「街」以外)はみんな何食べてるんやろ…
見てみたいですね。

私はマメに自炊するようになったのはかなり最近で、それまで外食とかテキトーなもん食べてきました。
しかし、これからは鉄分、カルシウム、減塩の時代です!

レシピとか載せだした日には、周りの人にブログ見られたら笑われるやろなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

動労千葉物販で晩ごはん

動労千葉物販で晩ごはん
ユメウツツです。

動労千葉・夏季物販のひじきを使って、ある日の晩ごはん。
ーーー
ご飯
あさり汁
ひじき煮物
にんじんと山芋のナムル
サラダ(セロリ、玉ねぎ、キュウリ、じゃがいも、ハム)
ーーー

ひじきウマ〜
「作る心が違います」
あさり汁ウマ〜
(*бvб*)

テーマは鉄分、カルシウム、減塩☆

明日もがんばろっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

今年もアツい夏が来た!

今年もアツい夏が来た!

今年もアツい夏が来た!
ユメウツツです。

今年も夏が来ました。決戦の夏です☆

去年よりパワーアップして、革命の火種の宿る大阪で、若き労働者が決戦に踏み出します☆
火に入る夏の虫… ではなく獅子身中の虫!

そういうわけで、凝った記事はなかなかアップできなくなるかも…(元々凝った記事は稀ですが)

とりあえず栄養つけてGO!の写真。

とある日のカレーと、カレイの煮付け。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

ゲバラに首ったけ

ユメウツツです。

イヤ、ミーハーやとはわかりつつ

チェ ゲバラ

好きや〜〜〜(>д<)

我が心の師(笑)

映画「チェ 28歳の革命」「別れの手紙」両方良かったです。

ほんまは実物のがオトコマエやと思うけど…。
でも本物のチェゲバラとゲリラ戦の過程を共にしたような臨場感ありました。

アメリカのインタビュアーに「個人主義を否定するが、あなたも個人ではないか」と言われ
「そうだ。でも私は世界革命の責任を受け入れた個人だ」と言うゲバラ。
(28歳の革命編)

( ̄□ ̄;)!!
カッコええやんけ…

ボリビアでゲリラ戦の果てに捕虜にされたときは(別れの手紙編)
最期の戦闘から銃殺までが静かに淡々と進むのですが、
もう悲しゅうて、悲しゅうて…
支配者どもが憎うて憎うて…

捕獲されて政府軍とのやり取り
敵「農民はお前を通報した」
ゲバラ「政府のウソを信じたからだ」
敵「農民はお前を歓迎しなかったのでは」
ゲバラ「そうかもしれない。でも我々の失敗を見て目覚めるかもしれない。」

見張り兵とのやり取り
兵士「キューバに宗教はあるのか」
ゲバラ「公式にはないが人々は神を信じている」
兵士「あなたも神を信じるのか」
ゲバラ「私は人間を信じている」

(~_~)ウッ

(;_;)

(;д;)

ゲバラ〜!!

映画やのに、観た後、失恋のような気持ちが二日間…

あぁ、大事な人を失った…我が最愛の人
(どんだけやねん(笑))

そして部屋では前から持ってたゲバラ哀悼CDを聴きまくり
(完全にちゃう方向に行っちゃってます)

現実に戻りまして…

ゲバラはキューバ革命後、ソ連スターリン主義に妥協していくカストロに批判的になり、自らキューバ共産党指導部を去り、世界革命を目指して他国でゲリラ戦を続けました。
やはりキューバで反スターリン主義の党派闘争をきっちりやらなかった面で路線的限界があったように思います。
しかし人間への愛と信頼を貫き厳しく生きたゲバラの姿勢に私はやっぱり憧れちゃいます。
ハアー
会ってみたかった。

この映画観て、こういう生き方に共感できる人がバンバン決起してくると良いな〜
と思いました。

そのうえで、革命のカギはゼネストです。

映画ではゲリラ戦派vsゼネスト派として党派闘争が描かれていましたが(ゲバラ自身もそういう構図で捉えていたようです)、本当は時のゼネスト派がブルジョワに改善を求める体制内路線であったことが党派闘争の核心だと思います。

そういうわけで、生きさせろ!ゼネストで世界革命を、やっていきましょう。

追伸
チェ ゲバラだけじゃなく、マルクスとか星野文昭さんを映画にしたらむっちゃ感動かなぁ。と思った。
誰か作ってください…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

異変が・・・

ユメウツツです。面白い異変が。

このブログにどんな検索フレーズでたどり着いているか、
「検索フレーズランキング」というのが右の下のほうに自動的に付くのですが、
今日は、

===
検索フレーズランキング

1位:中川 酒
2位:中川(酒)
3位:A&U大阪
4位:中川(酒)
5位:ファイブ フォックス
6位:ファイブフォックス
7位:A&U
8位:中川昭一 酒
9位:部落開放同盟全国連西郡支部
10位:a&u大阪
===

A&U大阪が中川(酒)にはさまれる。

職場でも、ニュースでも、ネットでも、今日も中川昭一君が話題総ナメでした。(橋下が何を言っても騒がれないので焦ってる。)

中川よ、辞職しても地獄の果てまでこの恥はついてまわるでー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

こんな夢を見た

ユメウツツは一刻館というボロアパートに仲間と一緒に住んでいた。
病院はキライだった、医師に好き勝手にされるのがイヤだからである。

しかしある日、至急治療が必要と病院に呼び出された。

不安ではあったが、仲間の住人からアカウンタビリティ(説明をしっかりしてくれる)のある誠実な医師たちの病院と聞いていたから、やってみようとユメウツツは患者として緊急治療室に入った。

中で、医者たちがメスを持って集まり、早速ユメウツツの腹を開きながら話し合う。
若い医師は医学書と見合わせながら「このへんがおかしいと思っていたんです」。
古参の医師たちにも「確かに、ここが原因だな。自覚ある?」
と部位を示されるがユメウツツにはピンと来ない。
「う〜ん、そこは元から自覚ないし…、いじられて余計悪くなるとか、ないんですか!?」
医者も首をひねる。あーだこーだ言っている。しかしカンのよさそうな研修医が「やっぱりここっスね」という。

そんなに医者たちが言うならまあ正しいんだろうと、ユメウツツは「とりあえず進めていいです」と言った。

しかし治療が進むにつれユメウツツはいくつかのことに気付いた。

この人たちの握っているのがメスだったり、カッターナイフだったりしているのだ。
また、同じ色の本を手に話し合っているが、よく見たら違うタイトルの医学書ではないか。
違和感があり「…そこ、あってます?」と言うと、ためらう医師もいる。

ん!?
オイオイちょっと待て!
よく見たら手術衣は水で溶ける紙で出来ていて、医師たちはユメウツツの同じ一刻館に住む仲間たちであった!

何してくれんねん、このシロウトが!
(=皿=#)殺す気か!
ユメウツツはさけんだ。

住民の仲間たちは、悲しそうな顔をして、しかし必死に一刻館そのもの危機であることをうったえてきた。
どうやら患者は私だけではないらしい。

ムリをしてまで何とかしたかったのか…
(イヤしかし人のカラダを実験台にしやがって…イヤ、そうじゃない。イヤしかしなぜベテランの医者がいないんや、…イヤ、そうじゃない)

ユメウツツは問答した。しかし何より一刻館の危機がイヤだった、だから彼らと共にことを起こさなければならなかった。

ユメウツツは焦る気持ちを抑えて、なかばあきらめる気持ちで、治療室の床に落ちた医学書を手に取って、読みはじめた。

何冊か読んだら、タイトルは違うが互いに関連したことが書いてあることがわかってきた。
実践的書籍を読むためには一々基礎的な医学書に戻らなければならなかったし、使えないものもあったが、良い医学書にねざして書かれたものは理解が進んだ。

…ヨシ、こういうことじゃないか?
シロウト医師どもに混じりユメウツツは自らも医師となって腹を治療しはじめた。
意外と、彼らの治療は粗かったがそれほど外してはいなかったようだ。
しかし、なにぶん自分の腹だけに、よく手応えを感じることができた。

さっきのメスの入れ方はまずかったから、次からはこうやろう。
話し合いつつ、医学書に戻りつつ、皆で習得していく。

一刻館のシロウト医師たちは、ユメウツツが技を身につけ、腹を修復できていくのがうれしそうだった。また皆が習得できることにも。

「いや〜直感ではそう思ったんだけど。」
「ほんならそんときによどみなくやっとけや!(=皿=#)ひどい目にあったやんけ!」
「誰もが飛躍を問われたんや」

一刻館住人は今も試練の中にあるが、皆一様に前を向いている。
【終わり】

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

備忘録

ユメウツツです。

先ほど、我が数年来の課題を克服。
( ´艸`)

私は社会変革したいがゆえに、日和見主義を心から憎んできた。
それゆえどうしても「日和見」そのものを批判する傾向があった。
しかし、

日和見主義は、ある路線から外れていることから生じる。

ひよるのは、その路線に確信がないからである。

だから日和見そのものではなく、常に背景にある路線的不一致を問題にしなければならない。

ヨッシャー。
誰かがすんなり教えてくれたらよいのに。
自分の傾向というのは、自分でしか正しくつかめないのかもしれない。。。
けど、私と同じように「ひよらない」ことをモットーにする傾向は多いと思う。

イヤ、確かに「ひよらないのはカッコイイ」のだが・・・
行間にもう一つ大事なのを入れないといけない。

あなたがひよらないのは、あなたの路線がガツンと座っているからである。
だからカッコイイのである。

当たり前やん、て人は無視してくれ。

ユッシ、今日は、よく眠れそうです( ̄▽ ̄)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

今日の出来事

ユメウツツです。

一昨日、月に一度(笑)の部屋掃除やら、ビラ作成やら、やることがいっぱいあったのに、サボってしまった自分…
あまりない全日オフ日が。
orz
ヘコム

それで中国四国地域の仲間に「私にカツを…」
とお願いしたら、心のこもったメールで、叱るでもなく、慰めるでもなく、自分のアジしかたとか近況を教えてくれました。
闘う仲間の強く優しきこと。
(ToT)

そしてなんと、広島で解雇撤回を闘うゆうめいとから、速達で今日できたてアツアツのカツが入った!(笑)
…速達とはさすが郵政労働者…しかも檄文も入ってる〜!
(;□;)!!なんたるサプライズ。

DVDが入っていて、9月にスト決行した集会の生々しい映像が。
ユメウツツ・スイッチ・オーン!
決意を語るAくんはカッコイイしなんとも楽しそう。
そして大阪のみんなで送った赤い檄Tも紹介してくれてるー。
ヽ(´∇`)ノ

さらに速達には色んな人からも檄文が(ToT)。
5歳の子どもまで「団結のうねり」抽象画を。
(ToT)
泣く〜。

…落書き?

むっちゃええできたてビラも入ってて、参考になった。

ユッシ、がんばります!

…ちなみに昨日は掃除は貫徹、ビラは未完でしたが…
(o_ _)o

今日完成します!職場でまくやつです。

ほんまに感謝。
もうそうそう「凹んでます」とか言えんなぁて感じですが(笑)
また檄がほしくてオオカミ少年になりそうです。

うれしさに徒然報告でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

ソウル・ワーカーズ・カフェ

ユメウツツです。

東京の闘うリサイクルショップ「街」で最近、ソウル・ワーカーズ・カフェなる楽しいイベントをやっているらしい。
http://gigadugong.web.fc2.com/2008yd.7.8.html

080725yd029_240x180 ルネッサーンス

楽しそう。

あっ あれは・・・!

080725yd025_240x180

A&Uメンバー A子が持って行ったたこ焼き板やないか~ぃ!
http://aanduosaka.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/a_5b99_1.html

活用してくれているそうです。
うれしいですね~。

みなさん、東京にお寄りの際は、ソウル・ワーカーズ・カフェに行ってみましょう☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧