カテゴリー「社会動向」の記事

2009年4月 3日 (金)

前進を読もう 2

ユメウツツです。

先の記事に続き、最新の2385号を紹介。

だいたい、1面トップの論文記事はがんばって読んで、
2面とか次の記事が再び長文やったら、また今度…と飛ばして、
短めの闘争報告記事さらっと読んで、
気になる話題のところは読んで、日誌は飛ばし、
5面までにはかなり力尽きかけ、大見出し・見出しでふーん、みたいな状態、
裏面の団結ひろばは読みやすいからさっと読んで
フーまた明日(永遠に)ってな感じ、
あるいは裏面の団結ひろばから読んであとは見出しで適当に選択(新聞をテレビ欄、4コマ漫画から読むがごとく)
てな読み方をしているそこの君。

今回は一緒に読破してみようじゃないか。

さて、この号には、
成田空港が起こした貨物炎上事故、
3・20集会の勝利、
日機(ニッキ)労組150人の春闘半日スト
住宅民営化・道州制をゆるさぬ西郡の部落解放闘争
4・19入管法粉砕の集会告知
など、
タイムリーな話題で見所満載なのですが、今回はやはり
「裁判所=国家権力を怒りで燃やしつくせ!!」(=皿=#)
というテーマで追っていきます。

A&Uとしても裁判所と警察にはむちゃくちゃ冷や飯くわされてるだけに(逮捕され起訴され虐待され退廷され…)、
今回の記事では「燃やせ〜!」「焼きつくせ!」と力が入りました。

●3・25鉄建公団訴訟控訴審判決、1047名闘争の解体狙う(2面)

3月25日、東京高裁がついに歴史を画する反動判決を出しよった!

JRの不採用・解雇に対して、「不当労働行為がなかったら解雇にならなかったとは証明できない」「解雇は有効」=「不当労働行為があったとしても解雇は有効」と言っているのだ!

この派遣切り・首切り社会のまっただなかでこそ「不当労働行為」を認めず「解雇は有効」とだけ言っているのだ。
何事か!
裁判長の南!

司法の原則をもかなぐり捨てて、
労働者は死ね、資本家は生き残れ、と言ってるんやないか!
ふざけんな!

裁判所は、資本主義が崩壊し労働者が大量解雇される時代だからこそ、国鉄解雇撤回闘争の解体を狙った判決を出した。

ふざけんな、裁判所=国家権力ゆるすまじ!

1047名の解雇された労働者と団結して、現地・現職復帰を勝ち取るぞ。

●君が代処分取消請求訴訟(2面)

その翌日!3月26日。
東京地裁、裁判長・中西茂!
原告の請求を棄却しやがった!!

政府による教育労働者への君が代斉唱の強制と処分は、国家の戦争動員であり労組破壊だ。
こんなもんを拒否することほど労働者にとって素晴らしい行いはないやろ!
労働者がいわば40秒のストライキを組織する、それは断固やらなければならないことだ!

しかし国家の君が代強制と処分は正しいと、裁判長の中西は言っているのだ!
ふざけんな中西!お前絶対ゆるさん!
根津さん・河原井さんと団結して、裁判長の中西茂を労働者の手で裁こう!

●日誌(4面)
3月18日。志賀原発、住民の運転差し止め訴訟。
名古屋高裁にて。
「原子炉の安全性は確保されている」と一審判決を取消、請求棄却。
ハァッ!?
原発の安全性が確保されてると言ってるのはこの世で国家権力だけ!ふざけるのもいい加減にしろ!
裁判長は誰や!!(載ってない〜)

ちなみに裁判じゃないけど、日誌にて、沖縄や国内外で日米帝国主義が暴れまくっているのがわかります
(=皿=#)

●「仮処分」粉砕し大宣伝戦(5面)

3月17日、東京の法政大学が学生に「横断幕、ビラ、演説、シュプレヒコールしたら100万円払え」という、あり得ない!!!仮処分命令申立て。
そして3月25日、東京地裁(アカンもうこの建物いてまうしかない)は、法政大学当局の言い分どおり仮処分を決定。

ハァ〜!!??

裁判官の鉢塚、お前は地の果てまで追いかけて監獄にぶちこむ!

あと3月24日、
そんなふざけきった法政大学当局と闘う学生の友部君を、あろうことか有罪にした東京地裁、裁判長の福崎伸一郎!
および3月18日に同じく3人の学生を有罪にした半田靖史!
傍聴席からあがった声のとおり「お前が牢屋に行け!」
いや、ぶちこんだる!
(=皿=#)ゆるさん!

もう、あの建物全体で反動判決を必死に大量生産してる状態です。

労働者人民から税金を収奪して、裁判所で働く労働者を搾取して、ふざけきった判決を大量生産している。
もうほんま人殺しの建物です、あれは。
労働者の怒りで燃やしつくし支配者どもを監獄に送れ!

果てには隣の記事で「裁判員制度」!
もー、裁判所も、制度推進派の日本共産党も燃やしつくせ〜!
(5面にもなると記事の解説が適当に…)

●迎賓館・横田 差し戻し審(6面)

3月24日…デッチアゲの証拠19点を全て採用した東京地裁の裁判長、林正彦。
どんだけ適当やねん!
(=皿=#)

星野文昭さんへの殺人デッチアゲと全く同じく、恥も外聞も捨てて
裁判所が「国家が決めたら犯人です」とだけ言ってます。

しかしこの裁判の対象となっているのは、1986年の東京サミットに対して革命運動がロケット弾をぶちこんだというもの。

…これはしかるべきロケットじゃないか!

今もG20(強盗会議)に反対して、ロンドンで労働者人民が逮捕や負傷をしながら「奴らを救済するな、雇用をよこせ!」と国家権力とぶつかっています。そのなかで機動隊が殺人までしています。

こんな支配者=強盗どもの頭上にはロケット弾やって当然な上に、
しかも、やってない人をつかまえてあり得ない証拠を採用してくるとは…

本当に裁判所は国家権力であり敵そのものです。

けど、その下の記事では、23年の指名手配攻撃をうちやぶって時効を勝ち取り堂々と帰ってきた革命家の記事が☆
しかもその革命家が「楽しかった」を連発してます(笑)
ヨッシャ!
お疲れ!

なんか今日ニュースで時効をのばすとか法務省が画策してると言ってましたが、殺人の被害者のため云々してますが、革命運動対応でしょうね。

最後に雑感。
私は、警察が敵、というとこまではすぐに実感できたのですが、
裁判所って「裁判する権利」「司法は国家権力の見張り役」とか言われてちょっと前まで幻想持ってました。

しかし本当に暴力装置そのものです。

「選挙権」と同じで、ちょっと行動しようと思った人がいたら「選挙制度があるんだから」「裁判の権利があるんだから」とそっちのほうにすくいとられる。

「いや、自分らの実力で解決したらええやん」と言う人を、批判させ分断させる。
(日本共産党がその手先の役割を果たす)

行動を起こす気になった人の力をそぎおとす支配の道具が裁判や選挙です。

私たちは裁判や選挙に打って出るにしても、その観点で闘わなければダメですね!

革命的裁判、
すなわち、裁く側・裁かれる側を逆転させ、
私たち労働者が支配者を裁ききって、
団結という実力行使で支配者に敗北を押し付けていく。

ちゅうことですね。

前進は、良いことがいっぱい書いてますね〜。
また機会があれば紹介しま〜す。

おわり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

前進を読もう

ユメウツツです。

先日、たまたま行った「港のシクロおやじ」のブログ
(※あまりにもウチワ的な話題と、大衆的な話題がごちゃまぜになった「誰に読ませたいねん!」な個人ブログです)
にて、

「青年諸君、前進はすみからすみまで読もう」
と書いてあったので、そうしてみました
…ところ!
すごい良いことがいっぱい書いてありました

恐るべしシクロおやじ…

とりあえず先週号 第2384号から紹介。

疲れて読みとばしがちな所?にスポットを当ててみます。

◆動労千葉 スト総決起集会に320人(2面)

うれしい知らせ!
スト初日の3月17日、国労組合員がスト破りの業務命令を拒否して動労千葉に加入!
( ̄□ ̄;)!!
そのまま夜の総決起集会に参加してあいさつ!
( ̄□ ̄;)!!

「ストライキこそ組織拡大の武器だ!」

次に、先日、飛行機炎上事故があった成田空港と闘う農家・反対同盟の記事。
ちなみに成田空港は、事故当日、危険な天候状態が9機中7機から報告されたにも関わらず、国際競争・利潤追及に走り空港を閉鎖しなかった、その腐った体質がもたらした労働者殺しの事故だ!
成田空港の完成を絶対ゆるさず、成田で農地を守り闘い続ける農家からのアピールです。

◆農地死守は絶対譲れぬ(3面)

闘う農家「反対同盟」の鈴木謙太郎さん。

農家を食っていけなくしたのは自民党政府。
農地法を書き換え、農家の大規模化をすればよくなるなど大ウソだ。
市東さんの農地を守る闘いは絶対に譲れない。
今の若い人たちは働く職場を奪われたり厳しい状況だと思うけど、こうと決めたら周囲の状況に流されず、おかしいことはおかしいと、まっすぐに突き進めばいいと思う。

そうだ!

そしてその記事の下の告知、
三里塚冊子
「労働者の職場、農民にとっての農地――これが守られないで、どうして社会が成り立ちますか。
私は正々堂々と、自分の農地を守ります」(市東さん)

冊子をぜひ読もう!

そして5面全面にわたる高山弁護士の、
裁判員制度を粉砕しようの記事

…スゴイです。すごいわかりやす〜い!

資本主義の巨大な危機だからこそ強行導入される裁判員制度。

すなわち「国家」の視点に人民・労働者を動員し、階級性・団結を破壊するための裁判員制度。

そして8割の人民が反対しているにも関わらず、日本共産党や諸党派は全て、政府と一緒になって「よい裁判員になろう」などと言って、組織化をはかろうとしているのだ!

少数の支配者とその救済者(日本共産党など)に対して、8割の反体制派がうまれている構図。
これをチャンスに、裁判員制度粉砕、戦争動員・改憲阻止、労働者の闘う団結を作っていこう!
4・21裁判員制度粉砕集会へ!

以上

※「前進」で検索したら同名ホームページで全文読めます。読んだことない人は閲覧してみよう。
閲覧してる人は職場に広めるために定期購読してみよう。ネットと違って蛍光ペンで線が引けます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月17日 (火)

やっぱ中川やろ

ユメウツツです。

今日、R-1グランプリ中山功太 とか言うのに決まったけど完全にヤラセですね〜。
やたら審査員が高得点ばっか並べてるなあと思ったら、自己保身のヤラセ隠しですね。

というかR-1生放送やったらしいですけど、せめて中山こうたも
「むふぅ〜…とりあえず…オブァマに……」くらいネタで入れて優勝してほしかったですねー。

その点、ニュースのほうがおもろく編集してくるなあ…!
今夜もわろた〜。(>д<)

うーん、やはりA&Uとしてはグランプリはダントツで中川昭一君でした☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

グッジョブ中川(酒)

ユメウツツです。

ハアー、朝から笑けて、笑けて・・・

財務相・中川昭一が、G7でやってくれましたね。
ん!? Σ(゚д゚)
R1のつもりか!?
というくらいスゴかったですね。

2009021500000012maippolthum000
「・・・きのう(13日)夜からのG7の会合を、まぁ・・・、実質的には今日ですけれども、やりまして・・。あの・・・、共同宣言みたいなものが出ました

「みたいなもの」て・・・
「みたいなもの」て・・・
「みたいなもの」てぇ~!どないやねん!

今日一日中、ハマってしまいました。

※定食屋に入っても「中川サイテーやなw」(ドっと笑う)、という声が聞こえてました。

精神的に打たれてるときに酒をあおったら人間どうなるか、実証してくれましたね。
よっぽど体制危機でグラグラなんですね。
G7会議でもっかい絶望したんでしょうね。

これが、数十年と資本主義を支えてきた、資本家階級の代表者たちの最後のみじめな姿です。
これは中川、麻生たちの個人的資質の問題ではなく、この資本主義社会が崩壊をまぬがれないという問題です。
一番よくわかっている支配者が、やけ酒をあおるほど恐怖におののいています。

・G7なんかで世界恐慌は突破できない
・麻生、中川なんて労働者にとって、いらんもんでしかない
・労働者に「さぼるな」だの「自己管理」だのと「道徳・美徳」を語って、支配者がクビ切りをやっているのは、全くのデタラメだ

と童話のように教えてくれる事件でしたね。

そもそもこの男は、
教育労働者が卒業式の日の丸・君が代を阻止して闘っているときに、
「デモで騒音をまき散らす教員に児童・生徒の尊敬を受ける資格はない。免許はく奪だろう。」(06年10月23日)
とほざき免許更新制に持ち込んできました、そして、
日本の侵略戦争の歴史をなかったことにし、
軍隊慰安婦のNHKドキュメンタリー制作者を恫喝して(安倍と一緒に)、歴史のねつ造をはかり、
小泉、安倍、麻生とつれだって靖国神社に行き、
とことんまでブルジョアジーの立場にたち、世界中の労働者を搾取している輩です。

A&Uも06年から、この男を打倒しつくそうと心に決めておりました。
http://aanduosaka.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_2dcf.html


お前なあ、
お前ほど尊敬を受ける資格がない奴はおらんやろ。

中川や全ての支配者は、地獄に足をつっこんでいる。
中川よ、これは地獄のはじまりやぞ。

これまでの労働者・被抑圧者の300年の恨みをはらしてやろう!

その確信は、労働者の団結にあります。
グラグラの支配者を団結の力でぶったおそう。

労働組合でガンガン闘って、クビきり賃下げを絶対に許さず、この支配者どもをゼネストで焼き尽くしてやりましょう!!!


以下、報道から抜粋
===
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090216/fnc0902160610000-n2.htm

「きのう(13日)夜からのG7の会合を、まぁ、実質的には今日ですけれども、やりまして。あの、共同宣言みたいなものが出ました」
「アメリカの対策も一応、せつめ、説明を受けましたし…」
「あの…、ふぅー」「これからの状況に向かっての…。G20の…」などとヘロヘロだ。  

しかも、日銀の現在0.1%の政策金利を「ゼロから0.25(%)ですか。非常に低い状況になっていらっしゃる」と間違えるなど、綱渡りの連続。同行筋も「いままでで一番ひどかった」とハラハラした様子だった。
 中川氏は1月の衆院本会議でも金融危機の「渦中(かちゅう)」を「うずちゅう」と読み間違えているが、国内の恥ですんだ分、まだこちらのほうがかわいかった!?

2009021500000012maippolthum000_2 G7閉幕後、記者会見に臨んだ中川財務相。上下のまぶたがくっつきそうで、記者との間でもトンチンカンなやりとりが繰り広げられた=14日(日本時間15日、ローマ、AP)
===

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月15日 (月)

恥をしれ、ブッシュ!

恥をしれ、ブッシュ!
ユメウツツです。

イラクの記者がブッシュに靴を投げつけました。
労働者階級の何億人の憎悪と怒りを、最悪の支配者にたたきつける決起に、私は涙が出ました。

靴を投げつけるくらいでも命がけの決起です。
自爆テロをやって死んでいった人と同じ気持ちでしょう。

記者会見であってはならないことが起きた。
ブッシュは震撼しているだろう。
これがイラク人民の、世界の労働者階級の怒りだ!!
ブッシュ、麻生、橋下よ、思いしれ!
ぜったいお前らを私たちは許さない!

あの記者が生き続けることを願います。

ーーー
ブッシュ米大統領が14日、事前の予告なしにイラクの首都バグダッドを訪問し、米軍駐留を来年から3年間認める地位協定にマリキ首相とともに署名した。

 署名後の記者会見で、「戦争はまだ終わっていない」と語るブッシュ氏をめがけて、イラク人記者が靴を投げつけるハプニングがあった。

 イラク国営テレビなどによると、大統領がイラク治安情勢などについて語っている最中、テレビ局の男性記者がいきなり立ち上がり、「これはイラク人からのさよならのキスだ、犬め」とアラビア語で叫びながら、靴を投げつけた。さらに、記者は「これは夫を亡くした女性や孤児、殺されたすべての人のためだ」と話し、もう片方の靴も投げつけた。

 大統領がとっさによけたため、靴は頭をかすめ、けがはなかった。記者はその場で取り押さえられた。大統領は、記者が警備員に連れ出された後、「彼が投げたのはサイズ10の靴だ」と冗談で返した。

 イラクで靴を投げつける行為は「最大の侮辱」とされ、旧政権の崩壊後、フセイン元大統領の銅像が倒された際は、市民が靴で銅像をたたいた経緯がある。

 ブッシュ大統領のイラク訪問は昨年9月以来で、2003年のフセイン政権の崩壊後、4回目。来年1月の退任を前に最後の訪問とみられる。

(2008年12月15日11時31分 読売新聞)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

15日、大阪府の教師と、全国の漁師がスト!

ユメウツツです。

7月15日、全国20万隻の漁師さんが一斉ストライキに入ります。
ニュース記事では、「影響はそんなにない」「スーパーでは魚のかわりに他の肉を買うだけ」とその影響力をかき消そうとしていますが、そんなことはない!
自民党の支持母体であった漁民・農民の大反乱です。
食っていけない社会をつくった支配者への漁民の意思表示です。

私は魚が大好きだ。
だからこのストライキを断固支持する。
漁師さん、がんばれ!!
この闘いは社会にすごい衝撃を与えています。

そして同じ日に、橋下行革に反対して、大阪府の教育労働者数百名が、24年ぶりのストライキを行います。

・・・なんという、激動の情勢でしょう。

私は感動せずにはいられません。いてもたってもいられないくらいです。
次は自分の職場で・・・!!ですね!

万国の労働者、団結しよう!!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年7月 1日 (火)

6・29デモの海外記事(ロイター通信編)

ユメウツツです happy01

6・29サミット粉砕デモは、韓国やアメリカ、海外のメディアにたくさん取り上げられた模様です。

以下のサイトで写真や海外各紙の記事が読めます!(ただし、各国語)
http://www.geocities.jp/dorosien28/index.html

以下のサイトではハンギョレ新聞の和訳が読めます!
http://hiseidou.blog.shinobi.jp/Entry/118/

このブログでは、興味深かった英語の記事を以下、和訳して掲載します happy01
(転送自由)

===
ヤフーUSA(ロイター通信の記事)
http://news.yahoo.com/s/nm/20080629/wl_nm/g8_protests_dc

Japan anti-G8 summit protesters scuffle with police
Sun Jun 29, 5:54 AM ET TOKYO (Reuters)


日本のG8サミット反対デモで逮捕者
(6月29日 東京 ロイター通信)


- Anti-G8 summit protesters danced to blaring music and marched down the streets of Tokyo in heavy rain on Sunday, accusing the Group of Eight rich nations of causing poverty and world instability.

雨の降りしきる日曜日、東京でG8サミット反対デモが行われた。
デモ参加者は、強国グループG8が貧困と世界の不安定をつくりだしたと批判し、東京の街を練り歩いた。

The protests, which have become a fixture at Group of Eight summits, came as Japan tightened security ahead of this year's July 7-9 gathering in Hokkaido, northern Japan.
Two separate rallies in the nation's capital gathered over 1,000 people, including anti-capitalists, labor union members and protesters from abroad, such as Spain and South Korea.

今やG8サミットの恒例行事となっている抗議行動。今回は、7月7~9日に北海道で開催される首脳会合にむけて厳戒な警備態勢のなか行われた。
首都・東京で1000人を超える2つの集会が開催され、反・資本主義者、労働組合員、スペインや韓国など海外の活動家が参加した。

Security was heavy with hundreds of anti-riot police guarding the streets as protesters walked down Tokyo's central shopping districts, carrying signs proclaiming various agendas such as "shut down G8 summit" and "G8=hunger."
Some protesters scuffled with the police.
Japanese broadcaster TV Asahi said two people were arrested.
Police could not confirm the report.

数百の機動隊が沿道をふさぐ厳戒態勢のなか、デモ隊は「G8サミット粉砕」「G8=強盗」といったプラカードを掲げて東京最大のショッピング街を練り歩いた。
デモで数名が逮捕され、テレビ朝日は2名逮捕と報じたが、警察当局は明らかにしなかった。

"Issues like environmental destruction and poverty in Africa, these are all caused by the G8 governments," said Yu Ando, a 31-year-old working for a municipal government in western Japan.
"I can't stand that they are proclaiming to solve these issues."

「環境破壊やアフリカの貧困などの問題は、全てG8政府が原因じゃないか。」
デモに参加したアンドウ・ユウさん(31歳、関西の自治体職員)は言う。
「その政府たちが問題を解決しようなどと声高に言うのはガマンならない。」


For the summit at Lake Toya, about 760 km (470 miles) north of Tokyo, domestic and international NGOs such as Oxfam plan to protest a range of topics including globalization, the food crisis and wars.
Protests are expected near the summit venue -- where protesters are expected to gather at three camp sites -- as well as in Tokyo and Sapporo, capital of Hokkaido.
But tight security and the sheer cost of travel to the vicinity of the remote summit site could dampen turnout.
Human rights lawyers have said Japanese immigration authorities are making it tough for some activists to get visas by complicating the application process, and media reports said some activists were detained for hours at immigration.

東京から760キロ北側で開催される洞爺湖サミットでは、オックスファムなど国内外のNGOがグローバリゼーション、食糧危機、戦争などをテーマに抗議行動を予定している。抗議はサミット会場近くの3つのキャンプ場で予定されているが、厳戒な警備態勢と、遠隔地への移動費がかさむことから、抗議への人出は少なくなるだろう。
人権弁護士の説明によれば、日本の入国管理当局は、手続きを煩雑にして活動家のビザ入手を妨げているとのことだ。
また、数時間も入国時に足止めされた活動家もいるとの報道がされた。

At last year's G8 summit in Heiligendamm, Germany, an estimated 30,000 protesters flocked to the area and entered a restricted zone set up for the summit, as well as blocking land routes into the area.

昨年ドイツ・ハイリンゲンダムのG8サミットでは約3万人がサミット会場周辺に集まり、道路を封鎖し、立ち入り禁止区域に進入した。

At Lake Toya, leaders of Britain, Canada, France, Germany, Italy, Japan, Russia and the United States will discuss soaring food and oil prices, along with climate change and African development.
Japan has also invited eight other nations, including Brazil, China and India, to hold talks on climate change on the sidelines.
(Reporting by Yoko Kubota; Editing by Jeremy Laurence)

洞爺湖では、イギリス、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、ロシア、アメリカが食物・原油価格の高騰や気候変動、アフリカ開発について会合を持つ。
日本はまた、この会合にあわせてブラジル、中国、インドなどその他8国を招致して気候変動に関する対話を行う予定だ。
(報告:クボタ・ヨウコ、編集:ジェレミー・ローレンス)

===

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年6月30日 (月)

サミット粉砕デモのニュースです

ユメウツツです。

サミット粉砕デモのニュースです。(6月29日、FNNスーパーニュースの録画)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月 1日 (火)

教育労働者 根津公子さんの勝利

ユメウツツです。

3月31日、「君が代」不起立を闘う教育労働者の根津公子さんがクビになりませんでした。
本当にうれしく、勝利を確信できる出来事でした。

・・・って、普通に考えたらおかしな文章ですが。coldsweats02

「君が代」を歌わないとか座っていたことで処分されること自体、ありえないわけで。

根津公子さんは、卒業式での「日の丸・君が代」に反対している東京の学校の先生です。
根津さんは、生徒を二度と戦場に行かせない、アジア侵略をさせないという気持ちで、軍国教育の象徴である「君が代」を政府が再び教育現場に強制しようとしていることに反対しています。
そして、卒業式などでの君が代斉唱時に不起立(起立しないこと)を続け、東京都教育委員会に処分されようとも、闘い続けています。

根津さんは一昨年の卒業式で3ケ月の停職処分、昨年は6ヶ月の停職処分を受け、今回の処分はより重い処分(=解雇しかない) と予想され、ぜったいそんな処分はゆるさないと全国・世界の人々が異議を唱えて、共に闘ってきました。

そして根津さんは解雇処分も恐れず、この3月の卒業式でも不起立しました。
根津さんの、1人でも闘う勇気と、なにより同じように決起する教育労働者がいることを信じた勇気に、私はほんとうに感動します。
根津さんの行動を、ぜったいに支持します。

この根津さんの行動が、戦争をぜったいに許さないと闘う全世界の労働者や生徒の心に火をつけ、この3月、連日連夜、教育委員会の前で数十・数百もの人々が集まって、「根津さんを解雇するな」「不当な処分をゆるさない」と抗議をおこないました。
教育委員会の職員に、「私を解雇する労働をするのか!」と根津さんがつめよると、労働者たちは全員が口を閉ざして後ろめたそうにしていたそうです。
そんな労働に誇りが持てるはずがない、誇りなんか持ったらアカンし、そんな業務は拒否するべき!

また、抗議だけでなく、教育現場での教師の反乱が生まれました。
全国で根津さんに続こうと、新たな「君が代」不起立闘争がおこなわれました。
(1月31日の北海道教組のストライキも、3月13日の「門真第3中学校」での一斉不起立も、根津さんの運動と共にあります。他にも言い切れないほど現場での闘いがあります。)

結果、都教委は根津さんを解雇できず、6ヶ月の停職処分(それ自体むっちゃ不当ですが)としました。
今後必ず、その処分も許せないと、労働者の団結と反撃の火の手はあがっていきます。

支配する側からすれば、1教師を「職務命令違反」でクビにすること自体は、世論の波に乗っていれば、また、反乱の恐れもなければ、たやすいことです。
国家や権力者の利益にならない者は単にクビにすればいいだけなのです。

でもそういうことができないことがある。それは、支配者が労働者の大反乱を恐れた時です。

国鉄民営化をはじめ、民営化、労働関係法改悪、非正規雇用化、労組バッシング、差別の煽動と、散々労働者階級の団結を破壊しまくってきた権力者が、「そろそろいけるか」とばかりに教育の現場に「愛国心」「管理教育」を持ちこみ、気に入らない教師をレッテルを貼ったり、君が代不起立だけを理由に処分しまくってきました。
でもそんなものに屈しない労働者が現れたとき、そこに多くの労働者が普遍性を見だすものだということです。
そして実際に反乱が起こっている。

今全国で労働者の反乱が起こりつつあります。反乱がまた反乱を生みます。

うーん、やっぱり激動の時代ですね。がんばろう!!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

門真市立第3中学校にエール!

ユメウツツです。

ワーカーズアクション・カンサイ集会&デモの3日前の3月13日、門真市内で反乱が起こっていました!!!
門真市立第3中学校の卒業式で、1人を除く生徒と教師が、君が代斉唱時に不起立をおこなったのです。
知らなかった!!

3月28日にヤフーニュースで流れて初めて知りましたが、涙が出るほど感動しました。
「やった!!」と思いました。
ニュース記事によれば校長だけは「これだけ起立しないのは不自然」「教師の強制があったとしたら大問題」
「生徒の歌う自由を奪う」←???(何ゆっとんねんwobbly
という内容でしたが、私はむちゃむちゃ感動しました。
「門真市立第3中学校最高!!!」

起立しないことの勇気がどれほどのものか、この数年A&Uで「不起立闘争」支援をやってきて少しばかりは知っているからです。
だから、「生徒を二度と戦場に送らない」「アジア侵略戦争を絶対に許さない」という教育労働者の意思と、それを受けて各自で考えて行動した生徒の連帯に、本当に心が熱くなります。

行動がみんなのものとなったとき、大きな力になります。
どんな議論があって、このような力が発揮できたのか、知りたいなぁ~。知り合いいてるかなぁ。

門真市立第3中学校そして全国で、君が代に不起立で抗議の意思を表明した教師・生徒を断固支持し、連帯します。

追伸
この日(3/13)は、大阪府知事の橋下の朝礼で女性職員が抗議した日でもあります。
3/16の集会では、彼女の決起に続こうと、自治体労働者がたくさん登壇・参加しました。
A&Uはこの自治体労働者の闘いを断固支持します!
(A&Uブログにもアクセスが殺到してたみたいでビックリしました。おかげで去年3月末にココログに引っ越してから1年間で11万アクセスとなりました☆)
なお、3月13日は国鉄の組合差別の訴訟で反動判決が出た日でもありますが。
なんか激動の時代ですね!!!がんばろ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)