カテゴリー「A&Uの活動」の記事

2009年4月21日 (火)

4・24法大集会へ!!

総務です。

 4月24日(金)、東京・市ヶ谷の法政大学キャンパスで正午から「4・24法政大学解放総決起集会」がおこなわれます。みんな法大に結集して監獄大学を木っ端微塵に粉砕しましょう!

まずは、これ↓をみましょう。

http://www.youtube.com/v/Rhfadz-oBKI&hl=ja&fs=1"

この4月に入学したばかりの新入生に対して法大職員たちが数人係で囲み、「大学のルールに従いなさい」「学生証を見せなさい」と詰め寄る。そしてビラを強奪し、「(ビラまき禁止には)色々経緯があるんだ。学生に説明もしてるんだ。そういうことをしらないで軽々に批判するな!」と説教する学生センター事務部長の浅見信一。

が、しかし、学生に説明したという事実など一切ない。

これが法政大学だ。我々は、この法政大学を4月24日に徹底的に粉砕し、解放する。みなさんも一緒に監獄大学をぶっ壊しましょう。

続きを読む "4・24法大集会へ!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

320イラク反戦、生きさせろゼネスト!集会&デモ 2

320イラク反戦、生きさせろゼネスト!集会&デモ 2
渋谷スクランブルにてもうすぐ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

320イラク反戦、生きさせろゼネスト!集会&デモ

320イラク反戦、生きさせろゼネスト!集会&デモ
もうすぐはじまります☆

関東在住の人は今すぐ代々木公園へ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

大阪市大 新歓展開!

3月15日、
大阪市大キャンパスで新入生にむけて2部廃止撤回ストライキのビラまき、マイクアジ、賛同署名集めをやりました!
大阪市大は今年の入試を最後に2部(夜間)を廃止することを発表。しかも学生に一言の断りもなく、入試間近の昨年10月に発表、非正規雇用の拡大に一言も抗議することなく正社員の数だけをカウントし、「新入生151人中、職をもつ学生が1人しかいない。夜間課程でしか学べない学生は減少した。」なんてフザケきったことを言っています。
そして2月10日には橋下大阪府知事が大阪府大の助成金100億円全額カット、市大との統合を考えていると打ち出しました。
これは道州制導入による教育の民営化にほかなりません。
3・20イラク反戦渋谷デモに行って労働者と団結し、道州制・2部廃止を打ち砕くゼネストをやろうと訴えました。
府大との統合に怒る学生や、同級生に「お前らも署名しろや」と言って署名に応じる学生、おかあさんが「大事なもんだいやで!」といって署名をするなど、全部で67筆のスト賛同署名が集まりました!
橋下・道州制粉砕にむけて、大阪市大からも進撃していきますよー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

3・6大阪府庁前行動 大勝利☆

ユメウツツです。

2009年3月6日。
道州制・大阪府解体(=大量クビ切り、民営化)をさけぶ大阪府知事・橋下に対し、500人が大阪府庁前で道州制粉砕!橋下打倒!の行動にたちました!

大阪府庁前に、豊中市職女性部が呼びかけ、大阪府内をはじめ沖縄など全国の自治体労働者、民間、派遣労働者、野宿の労働者、学生などなどが詰めかけました。

そして、
「大阪府知事の橋下は道州制を叫び、労働者を自由に解雇・非正規化する攻撃を開始している。全労働者の団結で、この橋下を打倒し、道州制を粉砕しよう。」
「労働者の『生きさせろ!』の叫びを圧殺する組合執行部を打倒し、組合を労働者の手に取り戻そう」
と熱気ある集会、デモがおこなわれました。


【動画: 500人が権力から2車線を奪い、「橋下・打倒! 団結・勝利!」とデモ!】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

1月17日「3・6集会実行委員会」発言メモ

ユメウツツです。

こないだの記事http://aanduosaka.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/09-64b0.html)で、
1月17日の「3・6集会実行委員会」
(3月6日に道州制粉砕・橋下打倒のデカイ集会&デモをやるための会議)
について報告しましたが、そのときの参加者からの発言のメモです。

メモを読んだらわかるように、
とりあえず、3月6日はスゴイ集会&デモになりますので、
みなさん予定をあけておいてくださいね。

興味のある人は、コメント欄またはメールact_and_unite(あっと)yahoo.co.jpまで!

以下発言まとめ
※ユメウツツ的メモのため間違っていることがあるかもしれません。
※特に、はじめの提起が良かったのに、メモれてません。

○国鉄労働者から
橋下・道州制をどう捉えるか。資本家階級が全労働者におこなっている「労働者の全員解雇」の攻撃としてみることだ。今、自治体でおこなわれている合理化もすべて道州制(に向かう)攻撃として捉えなければならない。「ワークシェアリング」もそうだ。
そして重要なことは闘いの路線をめぐっての党派闘争だ。
今、派遣労働者をはじめ大クビ切りがはじまった。「失業問題」と一般化して語られるが彼らは「被解雇者」だ。労働運動ならば、「失業への補償や救済」ではなく「解雇撤回闘争」こそ提起すべきだ。それができるのは我々の勢力だけだ。
「派遣村」をやっている連合・全労連は、「4者4団体」として国鉄労働運動から「解雇撤回」の闘いを下ろそうと必死になっている連中ではないか、全くふざけている。
4者・4団体はこの3月にむかって国鉄闘争終結を策動している。1人6千万円の金で和解?そんなものあり得もしないウソだし、そもそもそういう問題ではない!
闘争団の怒りを我々こそが引き受けて真に獲得できる。3・6派はそういう大勢力になろう。

○自治体青年から
橋下「関西州」との闘いは、橋下VS大阪府職員のやりあいではない。
3・6に集まる私たちは、個別の労資のやりあいと見るのではなく、資本家VS労働者という階級決戦として、団結しよう。
橋下は今、WTCへの庁舎移転をねらっている。「城を動かすことだ、前城主の怨霊がとりついている」などとくだらないことを言っているが、上からのクーデター的変革の狙い。
そんなことを許すな!資本主義の延命を許さずにたたかう。

○教育労働者から
恐慌の情勢。学校現場でも私立に行く生徒が3分の1以下になるなど極端に減っている。学校に行けない労働者家族が生まれている。今の社会の支配を終わらせ、我々労働者が作っていこう。

○西郡住宅闘争の住民から
去年は何もわからないまま突き進んだ。この闘いで負けたら全国の全ての住宅が民営化・家賃値上げになる、そういう闘いだと思っている。八尾市役所が「出ろ」などと言ってきて本当に許せない、ねばって闘っている。みんなで手をつないで勝利したい。

○学生から
結論から言って、私は3・6に全てをかけている!未来の一切がかかっている。
大阪で派遣労働者が餓死したニュース。取り立てに来た人がみつけている。いかに資本主義と私たちが非和解か。
まさに資本家と労働者の「ガチの戦争だ」。危機なのは資本家のほうだ。
とことんまで橋下をえじきにして闘おう。

○自治体青年から
この資本主義崩壊の情勢が一気に進み、橋下の言葉が化石と化し、矛盾でボロボロになっている。
ビッグ3や金融大資本の破たんが日々明らかになる今日、橋下は、いまだに「民間を見習え」と言っているが、一体、「見習うべき」企業がどこにあるのか1社でも挙げてみろ!
また最近、「公務員はクビにならないから、ワークシェアリングが進められる」と言っている。今から道州制でクビを大量に切らなければいけないお前が、1秒でバレるウソをついてどうするつもりだ!こんなボロボロの橋下だ。学生の発言にあったように「橋下をえじきに」とことん組織していこう。

○自治体青年から
「橋下打倒・道州制粉砕」の3・6運動は、関西の全労働者階級・住民を獲得し、地区のプロレタリア独裁のもとになるような闘いだ。ここには、ストライキで勝負している派遣労働者も、中小民間の労働者もいる。そして橋下のおひざ元である自治体で働く私こそ先頭で闘うつもりだ。
この1年位で自分も成長し、そして急速に情勢も変わるなかで、同僚の私に対する意見も大きく変わった。1年前には「橋下知事を批判するな」と言っていた人が、数か月前に「やっぱり橋下は打倒、でも革命は私はわかるけどみんなには誤解されるのでは」と言い、最近は私の活動は「万人受けする」と言っていた。
ついに万人受けする時代が来ました!
ガソリンはまかれ、どう火が付けられるかという段階だと思う。ここが勝負の時期。

○自治体青年から
公務員だろうが、ストしかない。これを自分の組合支部で徹底議論していきたい。

○中小民間の青年から
労働者は闘えば「危機」などではない、そんな時代がいよいよ来た。
目の前の敵は社長だが、本当の敵は、橋下・麻生・経団連=資本家階級だ。
やはりストライキだ。自分の組合支部でスト提起している、09春闘と道州制粉砕はイコールだとうったえている。

○学生から
一昔前の「就職=自己実現」などなくなった。内定取り消しが相次いでいる。
いいかげんにしろ。全学ゼネストだ! 
弾圧には団結で勝てると法大闘争は示している。勝利に進もう。

○学生から
3・6に全力で取り組みたい。大学でもキャンパス内で刺殺や放火が起こっている。キャンパスが秋葉原になっている。
資格を取れ、会社に気に入られろ、内定取り消しは自己責任。ふざけるな!
生きさせろ!の闘いで誇りを取り戻そう。
派遣村で「階級的労働運動」をよびかけたら、「事務局」がピケをはって排除してきたらしい。彼らなりに偽善とはいえ「救済」を善意でやっているのかと思っていたが、確信的に労働者に「起ちあがるな!」と行動している連中なのがわかった。
日本には動労千葉派がいることが決定的だ。「外国でゼネストがあるのに日本にはない」それは違う。日本で起こしたとき本当に革命が起こるんだ。
この闘い方に世界の労働者が注目している。体制内をぶっとばし、闘いを広げていこう。

○ストライキをした派遣労働者から
みんなの支援がうれしい、力をもらっている。ゼネストに向けてがんばりたい。
先日、他のスト支援にも行った。
労組に入って知らない人からの応援に感謝感動してきた。自分も他の職場の闘いにも同じように取り組みたい。

○自治体労働者から
橋下への怒りと、体制内組合幹部の屈伏への怒り。
だからこそ、今回、3・6は労働組合として集会を呼びかけた。


(他にも発言が多々ありましたが、メモしきれなかったなどの都合で割愛。)

さぁ、また関西がアツくなってきました!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

星野☆取り戻す会・街宣

ユメウツツです。
09年1月24日、大阪で「星野文昭を取り戻す会」街宣やりました。

090124_143901_2

大阪で雪がふるくらいの寒空の中、梅田の陸橋で10人くらいで元気にやりました!

ビラの見出しは「労働者の団結で星野さんを奪還しよう!」です。
マイクでは、
労働者の団結と解放をうったえ最先頭で闘っていた星野文昭さんを、警察が無実の罪をきせ獄中にいれている。
国家権力が、資本主義の延命のため、労働者を団結させないために革命家を獄中に拘束している。
世界恐慌の今、ますます労働者を使い捨て、団結させないように資本家連中がやっきになっている。
道州制だのワークシェアだの言って労働者を生きられなくしている。
そんなこともう許せるか!
だから私たち労働者が団結して闘うなかで星野文昭を奪還し、全てを私たちの手に奪い返そう!とうったえました。

街行く人の反応はよく、
「革命家が獄中にとらわれている!」
「こんな腐り切った資本主義だ、革命やって当然だ」
「労働組合でトコトン闘おう」
の怒りのマイクアピールが響き、ビラが受け取られました。

署名では「革命ってどう思いますか!」と色々対話できました。

女子高校生は「革命って何」というので
「今、チェ・ゲバラの映画がやってるやん」といったら「あぁ!はいはい」となり、
「ゲバラだけじゃなく、日本でも革命運動がある。星野さんという革命家が、警察に拘束されている」
「学生も就職できないし希望を持てずに自殺やいじめが蔓延するやんか、親がクビになったり、そういう社会を団結してひっくりかえそうということやねん。」といって、女子高生たちが署名してくれました。

同じ日に、東京では法政大学闘争の大集会がおこなわれています。090124hu007_240x180 (獄から出てきたばかりのウッチー!)
090124hu022_240x180 (ラブリーshine
※写真は1・24法大集会、街ホームページから転載

革命運動はつながり拡大しています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

1・18ガザ侵略弾劾デモin京都

Nです。
1月18日京都の三条河原で、イスラエルのガザ侵攻弾劾の集会とデモを25人の結集でやり抜きました!
集会もデモもすごい注目度でした!単に「戦争止めよう」ではなく、「戦争を止める力はゼネストにある!」と、「どうやって戦争を止めるのか」をはっきり打ち出せたのがすごい良かったし、沿道の学生・労働者もその「ゼネスト」という言葉に注目してた気がします。
侵略戦争や派遣切り、内定取り消し・・・何でこんな社会なのかとみんな怒ってる。行動方針を求めてる。
体制内の全勢力がこのガザ侵略に対して何も行動方針を出せない中で「ストで戦争止めよう!」と打ち抜かれた集会デモはすごい意義あるものだったと思います!ゼネストに向かって、「行動につぐ行動」で団結を作っていこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

橋下打倒!3・6集会始動

ワーカーズアクション・カンサイ09年始動
ユメウツツです。

1月17日、3・6集会実行委員会が某市内で開催され、行ってきました。
3月6日に道州制粉砕・橋下打倒のデカイ集会&デモをやるのです。

会議の開催場所はちょっとローカルなエリアだったので、人数すくなめかな〜と思って行ってみたら、
時間どおり行ったのに立ち見状態
( ̄□ ̄;)!!スゴイ

椅子を追加してなんとか座れました。百人くらい来てたのか?
まだ実行委員会なのに…
てことは当日は千人か!?
もっとか!?

事務局から提起を受けて、各参加者が発言していました。
すごく良かったので、また発言はまとめて報告します。

実行委員の尽力によって、この集会を一大勢力として登場させ、
関西の全労働者階級・住民が団結して資本家どもの支配をひっくり返す、結集の軸にしていきます。
これは楽しいことになりそうです!

要チェックです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

アメリカ、イスラエルのパレスチナ人民虐殺を許すな!!!!

ユメウツツです。

パレスチナで人々・子どもを虐殺している
この侵略者ども、絶対にゆるさん!!!!!
お前らには絶対に、報復の革命をくれてやる!!!!!

Bambino0

Bambino4

Bambino6

20090105094412
(写真は転載http://www.uruknet.de/?s1=1&p=50118&s2=31

イスラエル軍による12月27日以来の空爆と1月3日以降の地上侵攻で、
1月6日現在、パレスチナ自治区ガザ(人口150万人)で550人以上の死者、2500人以上の負傷者が出ている。

ぜったいに許さん!!!!!!

しかし、イスラエル国内でガザ侵攻に反対して10万人以上がデモをしたと言います。
パレスチナ人と共に。
これは人種問題ではなく、帝国主義との闘いだからだ。
ぜったいに、この許しがたき帝国主義・侵略者を打倒しよう。

(以下、前進記事)
===
年末から年始にかけて、中東・ヨーロッパ・アジア・アメリカなど全世界で約100万人の労働者・学生・市民がイスラエル弾劾とガザ連帯の集会・デモ行動に決起している。
この数はこの数年間で最大だ。

さらにきわめて重要なことは、イスラエル国内でパレスチナ人とユダヤ人がともに手を組んで決起し始めていることだ。
とくに1月3日、地中海に面する大都市テルアビブで1万5000人が参加したデモが闘われた。
また同日、パレスチナ人の多い北の都市サクニンで10万人以上が参加した巨大なデモが闘われた。

しかもテルアビブの闘いでイニシアティブを握ったのは急進的な左派統一戦線で、
「ユダヤ人とアラブ人は敵同士であることをやめよう!」
「ユダヤ人とアラブ人は人種差別・民族差別に対して闘おう!」
「平和なくして安全なし。資本の支配を解体しよう!」
といったスローガンが多数掲げられた。
サクニンではパレスチナの旗と黒の半旗のみが掲げられたという。 

今回のイスラエルの攻撃はアメリカの全面支援を受けたものだ。
イスラエルは06年のレバノン侵攻時のように、空爆から地上戦へという作戦をとっているが、これは地上戦での重大な敗北に転化する可能性がきわめて高い。
すでに、ガザのパレスチナ人は多大の犠牲を出しながら英雄的な闘いに決起しており、イスラエル軍は各所で大きな被害を出しはじめている。
この中で、これまで国内的危機をパレスチナ・アラブにたいする永続的侵略戦争でのりきってきたイスラエルの反革命政権が今回、国内での労働者階級による反乱の開始という決定的危機に直面している。
また、イスラエルを全面支援するアメリカ帝国主義自体が、イラク・アフガニスタンにおける泥沼的な軍事的敗勢、世界恐慌による経済的・政治的・社会的危機の深まり、そして国内階級闘争の高揚によって絶望的危機に陥っている。
今回のイスラエルのガザ侵攻が、イスラエルとアメリカの命取りに急速に発展していく可能性はきわめて高い。(く)
===

発展させよう!!!!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧