« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年11月に作成された記事

2011年11月 9日 (水)

いよいよ明日! 京大で反原発団交

全学連関闘ブログより転載
http://zengakurenkantou.blog.shinobi.jp/Entry/253/

11月10日京大で「反原発団交」やります!

京大生のみなさん、
そして全人類のみなさん!
11月10日、京都大学において
「反原発団交」をおこないます!!

この団交には誰でも参加可能です。

 原発反対の人、子どもたちを放射能から守りたい人、大人も放射能から守りたい人、大学が原発政策に加担するのが許せない人、学生自治・大学自治の破壊に怒っている人、その他もろもろ…。すべての人が参加可能ですので、是非、11月10日、午後1時からおこなわれる反原発団交の成功に協力お願いします。

11・10京都大学 
反原発団交やります

11月10日(木)、京都大学の原発推進の姿勢を糾す団体交渉をおこないます!
 2004年の法人化以降、京都大学は松本紘総長の主導のもと、「関西経済連合会」に加盟し、関西電力などの経営者を大学の「経営協議会」に就かせ、原発政策や企業活動に率先して協力する姿勢を強めてきました。

 その結果、10月1日には、京大原子炉実験所がおこなった一般公開の講演会では、原発に反対の意思を示した学生、市民を排除するという事態にまで行きつきました。

 国家や電力会社の意に屈服し、批判精神を抑圧する大学にはいかなる意味でも学問は体現されません。学生および全人民の怒りで、京大の原発推進の姿勢を変えましょう! 団体交渉には学生か否かを問わず誰でも参加可能です。皆さんの参加を広く呼びかけます!!
【要項】
日時:11月10日 13:00〜
場所:京都大学本部キャンパス 
学務部2階会議室

12:00から京大正門の広場で
事前の集会をおこないます。

原発政策に加担しまくる
松本総長&藤洋作(元関西電力社長)を、
京都大学からたたき出そう!

関連動画  必見!
さよなら御用学者! 10・1反原発熊取現地行動報告映像

http://www.youtube.com/watch?v=FDDGhfZUrCw

http://www.youtube.com/watch?v=MKhJCKc5nKc

http://www.youtube.com/watch?v=1TbZqkVJt-o

http://www.youtube.com/watch?v=7eLc5MaptqM

http://www.youtube.com/watch?v=KF85n-202oE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

玄海原発再稼働 弾劾!

動労水戸の闘いを紹介

JR東日本・水戸支社は、常磐線久ノ浜~広野間の運転再開に伴い、震災以降広野駅に放置されていた放射能に汚染された列車を2011年10月9日に勝田車両センターまで移-送することを動労水戸に通告してきました。線量測定や除染もまったくしないまま、労働者に乗務、交番検査による被曝を強制しようとしています。
これに対して、動労水戸は、10月8日にストライキを実施!

以下、動画

【  MrDoraneko55 】
2011 10.9 動労水戸 放射能汚染車両の勝田車両センター回送抗議
http://www.youtube.com/watch?v=yvxscUDKLXA&feature=related

【 hoshihyaku 】
動労水戸・汚染車両移送反対・被爆労働強制拒否
http://www.youtube.com/watch?v=mQQFnt6DExI&feature=relmfu

動労水戸汚染車両移送抗議スト①
http://www.youtube.com/watch?v=XcmOekVqVMc&feature=relmfu

動労水戸汚染車両移送抗議スト②
http://www.youtube.com/watch?v=VLHjiW6no8A&feature=channel_video_title

JRは被爆を強制するな!動労水戸スト①
http://www.youtube.com/watch?v=o2dwcDeJFJw&feature=relmfu

JRは被爆を強制するな!動労水戸スト②
http://www.youtube.com/watch?v=8dOxOA30kYs&feature=relmfu

JRは被爆を強制するな!動労水戸スト③
http://www.youtube.com/watch?v=RXLor7KhM4g&feature=channel_video_title

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

これはすごい!

これはすごい!

前進速報版 より 転載
http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/index.html

占拠運動が全米に拡大、オークランド市では11・2ゼネストを決議!

 9月に始まった「ウォール街を占拠せよ運動」は、たちまち全米1000カ所に広がった。アメリカ西海岸、カリフォルニア州オークランドでは、10月10日から「オークランドを占拠せよ運動」が本格的に始まり、オガワ・プラザ=市庁舎前広場の占拠と、金融資本及び連邦・州・市当局に対するデモが連日行われている。その出撃拠点となったオガワ・プラザは150のテントで埋め尽くされた。ここに10月25日、警察が襲いかかり、大激突となった。いったん警察によって破壊された広場は、翌日には労働者・市民の怒りの爆発によって奪還された。そして占拠運動は、11月2日に「オークランド市ゼネスト」を行うことを決議したのだ!

 オガワ・プラザでの占拠闘争は、ここで討論が行われ、互いの共同作業が組織され、闘争参加者が食事、図書、衛生・医療、託児などさまざまなサービスを提供しあう仕組みが作られていた。闘いは急速に拡大し、この公園だけではテントが収容しきれないほどになった。25日5時ごろ、警察がキャンプに襲いかかった。オークランド市と近隣の都市の警察機動隊の総動員体制だった。催涙ガス銃を人々に向けて至近距離から発射し、逮捕され手錠をかけられた人にまで警棒で殴打した。テントや旗、看板などはすべて破壊され、広場は警察に占拠された。だが、事態を聞きつけた市民が続々とかけつけ、25日は夜まで、オガワ・プラザをめぐる激闘となった。
 この中で、デモをしていたスコット・オルソン氏が機動隊の水平撃ちによって頭蓋骨が砕かれ、危篤状態になった。彼は海兵隊員として2度イラクに派兵され、反戦イラク退役兵会の活動家となった人だ。これは、1934年の時の港湾労働者の虐殺を思わせる暴虐だ。労働者人民の怒りは一挙に拡大し、機動隊を包囲する人波がオガワ・プラザに迫った。警察と市当局は、労働者人民の激しい怒りとデモの急速な拡大によって追い詰められ、26日にはオガワ・プラザを明け渡さざるをえなくなった。
 占拠運動は市庁舎前で「総会」を行い、投票者1607人中1484人賛成、棄権77、反対46で、11月2日に「オークランド市ゼネスト」を行うことを決議した。この日の昼勤時と夜勤時に港湾のピケットに占拠運動の大部隊が参加する。銀行、企業も、この日に操業したら、突入する。決議は、「全世界がオークランドに注目している。何が可能か、全世界の人民に示そう!」と誇り高く結ばれている。
 港で働くILWUローカル10(国際港湾倉庫労組第10支部)の多くの組合員がこの「総会」のメンバーだ。ローカル10は大衆的ピケットを越えて就労することはないから、経営者が11月2日に港を動かすのは至難の業だ。
▼ILWU活動家が声明
 10月28日、ILWUローカル10のアンソニー・リビージ氏、クラレンス・トーマス氏、ジャック・ヘイマン氏ら主要な組合活動家13人が連名で声明を出し、ロングビュー港でのILWUローカル21への労組破壊攻撃に反撃するためにも、1934年のゼネストを引き継いで、11・2ゼネストを貫徹する必要があると訴えた。
 ヘイマン氏は、ニューヨークのウォール街占拠運動の集会でILWUの闘う決意を伝え、全米的な連帯闘争を呼びかけた。「港湾労組破壊を狙う国際港湾資本はウォール街と不可分一体だ。全米の港湾労働者に11・2の歴史的な港湾閉鎖を呼びかける。全米、全世界の労働者に勝利を!」
 ILWUローカル21のコフマン委員長は11月6日、日比谷野音の集会で発言する。闘うILWU労働者、全米労働者との連帯をかけて、11・6の大結集をかちとろう!(ST)

写真は上から①オガワ・プラザでの占拠運動総会(26日夜)、②③投入された機動隊及びそれとの激突(25日)、④警察の暴力に抗議する教組の隊列(25日)、⑤若者のスクラム(25日)

おまけ

ウィスコンシン州議事堂に労働歌が轟く!(動画)
Songs in the Madison Capitol - Solidarity Forever!
http://www.youtube.com/watch?v=d95H5adsAag&feature=related

詳細は、前進HPで
ウィスコンシン州で火がついた公務員労働者の闘いが全米に拡大
http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/sokuhou/2011/03/post-1117.html
米ウィスコンシン州で公務員労働者の闘いが爆発
http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/sokuhou/2011/02/post-1101.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »