« 闘いは勝利している☆6・14、6・15東京に押し寄せよう! | トップページ | 職場闘争から→6・14へ! »

2009年6月 9日 (火)

6.14渋谷デモへ!6.15法政大学へ!

総務です。6月14-15日は東京へ!ということで、今週うちの大学でまいてるビラを紹介します。

Dsc_4432

法政大学の学生弾圧を
全国学生の団結でうち破ろう!

教育・大学を取り戻せ!

 全国300万の学友たちに訴える!6月15日、法政大学に結集しよう!

学生のビラまき・立て看板を「営業権」(=金儲けの権利)を振りかざして禁止。抗議した学生110人を警察に売りわたし、停・退学処分を乱発。150個の監視カメラを設置し、暴力ガードマンで学内を支配してきた監獄大学・法政を全国の学生の力で解放しよう!!

 6月15日(月)学生弾圧をうち破る大反撃が法大生から呼びかけられた!法大生と連帯し、6月14・15日の連続闘争に参加しよう!

「暴処法」弾圧に社会的大反撃

 4月24日「法大解放総決起集会」は1500人の学生が結集し、学生を「加工して企業に売りわたす商品」として扱ってきた法政大学への怒りの爆発となった。 
 

 この闘いが全国大学に波及することに恐怖した国家権力は、法大当局と一体になって、のべ18人の学生たちをでっち上げ不当逮捕した。 

 逮捕容疑は何と「建造物侵入」!法政大の学生が法大に入ったことが「建造物侵入」とされている!このデタラメな弾圧の極致が「暴力行為等処罰に関する法律」の適用だ。 

 2月19日に法政大正門前の看板を「壊した」と5月になってからいきなり「事件」を取り上げ、実際には看板に触れてもいない学生も含めて「その場にいた」とされる学生を全員逮捕した。

 暴処法は、「集団で行動すること」そのものを犯罪にするという法律だ。文字通り大学や国家、社会に民衆が団結して意義申し立てることそのものを「犯罪」扱いするのがこの暴処法だ。
 

 この暴処法適用を絶対にゆるさない闘いが、即座に燃え上がり、緊急声明への賛同は1週間で1098人。さらに170人の弁護士が連盟でこの暴処法弾圧への抗議をおこなった。

 さらに海外メディアの特派員で構成する外国人特派員協会が法大弾圧と闘う学生の記者会見を開催。世界中に監獄・法政の現実が暴露された。
 
8人の学生を取り戻そう!

 この社会的反撃に追いつめられ、検察は11人中6人の学生を釈放せざるをえないところに追い込まれた。

 それでもなおかつ6月14,15日の大集会への合流を阻むため、別件での再逮捕を乱発し、今も8人の学生が不当逮捕されている。
 

 おかしいことにおかしいといった学生を牢獄に閉じ込めるような事態の先にまともな教育や社会があるのか?あるわけない!8人の学生にかけられた弾圧は、全ての学生に、全社会にかけられた「権威」に楯突くことを抑えつけようとする恫喝だ。

 8人への弾圧に怒りを燃やし、6月15日、全学生は法政大学へ結集しよう!教育・大学を私たちの手に取りもどそう!!

「営業権」による
  学生支配を絶対許さない!

 法大は「教育」をかたりながら金儲けに走る新自由主義大学だ。年間650億円(総資産の実に3分の1)を資産運用、株取引につぎ込んで、昨年度は28億円もの損失を出した!2000人の学生の年間授業料に相当する額が、理事会の金儲けの失敗で吹き飛んでいる。
 全て学生の払った学費だ!奨学金で学生に800万円近い借金まで背負わせ、「教育」の名目でかき集めた金だ。それが株や土地転がしに転用されている。
 この大学の現状を真っ向から批判し、4.24を闘いぬいたのが法政大学のサークル自治団体「文化連盟」だ。
 これに対する法大総長・増田の回答は何だったか!?声をあげたら停・退学処分!ビラをまいたら「営業権の妨害」で罰金を請求!デモをすれば「威力業務妨害」で逮捕という信じられない弾圧の限りをつくした学生への脅迫だ!
法大文化連盟と団結しよう!!

 もっとも許せないことが、今回の「看板損壊」に対する暴処法の適用だ!そもそも法大生の闘いは「立て看板の設置禁止」への抗議行動から始まった。
 学生の看板は国家権力の暴力を使ってでも禁止にして、当局の看板は出し放題!しかも、当局の看板には、学費が払えなくなって除籍された学生が名指しで「入構禁止者」として張り出されている!「金を払えないようなやつは来るな」というための見せしめそのものだ。学内の掲示板からは大学批判のビラは剥がされ、代わりに「奨学金を返せなくなったらブラックリストに載せることに同意しろ」という警告文が張り出されている。
 一体これが「大学」なのか!?法大でおこなわれる授業や試験のなかに「教育」が欠片でもあるのか!?
 教育はこれからの社会の担い手を生み、育む場だ。社会の「未来」を生みだすことが、教育の果たす根源的な役割だ。法政大がやっていることは教育なのか!!絶対に違う!営業権をふりかざし学生を支配する連中が「教育者」を名乗るなんて絶対に許さない!!全国学生は、闘う法大生=文化連盟と団結し、法大を解放しよう!
  

闘う労働者と団結し、
  6.14-15東京へ行こう!

 法大の現実は、いまや日本中、世界中の学校で大なり小なり開始されている。大阪府立大は府知事橋下が補助金全廃、大阪市大との統合計画を学生に何の説明も相談もなく一方的に打ち出している。大阪大学は大阪外語大と統合し「関西経済連合会」への加盟でさらに民営化を進めようとしている。これらのことは全て、私たち学生には意思や主体などそもそも存在しないかのように扱う中で進められている。その行き着く先は監獄大学・法政だ。
 この大学の、教育の惨状に労働者は怒っている!今この瞬間に膨大な赤字を押しつけ、首切り、賃下げ、非正規職拡大をおこなってきた企業が、一方で「産学連携」なんて言いながら自分たちの家族である学生の現実を縛り付け、それをもって社会の可能性の一切を「営業権」で押し潰そうとしている。
 6月14-15日は、全国の職場から数千人の労働者が結集し、渋谷と法政大学を埋め尽くす大集会とデモを敢行する!何千人もの労働者が、仕事を休んで全国から法政大学に駆け付ける!私たち学生が共に歩むべきは、学生を商品に加工するために「連携」する資本家か、自らの休暇もなげうって「連帯」を求める労働者か。6/14-15は、全国の学生が自らの未来を選択する日だ!
 誰に強制されるでもない自由が学生にはある!だからこそ、心の底から呼びかける!6/14-15に全ての学生は結集しよう!!

4.24集会での文化連盟
斎藤郁真委員長のアピール

20090424234235f95

「学生の未来を奪う新自由主義。われわれ学生の存在が、加工されるための製品、企業に身売りされるだけの商品とみなされている。人間の尊厳を否定し、自由を奪う、ここまで大学を腐らせた新自由主義にもはや可能性はない。自由を取り戻そう!社会を変革しよう!」

☆法大生の闘いの詳報はこちらのブログで。
「法政大学文化連盟」 
http://08bunren.blog25.fc2.com/
「3.14法大弾圧を許さない法大生の会」 
http://hosei29.blog.shinobi.jp/

|

« 闘いは勝利している☆6・14、6・15東京に押し寄せよう! | トップページ | 職場闘争から→6・14へ! »

法大・コムサ闘争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304891/30025820

この記事へのトラックバック一覧です: 6.14渋谷デモへ!6.15法政大学へ!:

« 闘いは勝利している☆6・14、6・15東京に押し寄せよう! | トップページ | 職場闘争から→6・14へ! »