« ちび太が生還しました | トップページ | 日の丸・君が代反対ビラまき »

2008年2月24日 (日)

西郡を練り歩き(ユメウツツ)

ユメウツツです。

今、全国で公営住宅がつぶされようとしています。
公営住宅はもともと、所得が低い生活者の居住権・生存権を保障することを目的に運営されているものですが、
資本主義の運営に行きづまった行政当局が、自分たちの責任を投げ捨てて、貧しい住民をたたき出すという逆ギレ攻撃に出ています。

しかも、行政当局は、「今から住民の生存権を奪います」とは言えないから、民営化でサービスを良くする(大ウソ)だの「同和行政終結」だの「応益負担」だのといって、「出ていかないのは住民のワガママ」と仕立て上げようとしています。

大阪府八尾市にある同和住宅では、なんと、3日前の2月21日に、八尾市が、公営住宅から出ていかない住民28人に対して、本人の年金の入った口座や、息子の口座までいきなり差し押さえてきました。

生活者の味方のフリをしている日本共産党も真っ先に追い出しに手を貸して(いや、主導している)、住民に差別の刃をむいています。

ほんまに、ゆるされへん!!!
社会から退出すべきはアンタら(政府、資本家、自民党、公明党、日本共産党)や!!!
人の命をなんやと思ってるんや!!
差し押さえた金を即刻返せ!そして辞めろ!

今、全国の同和住宅で民営化や追い出しの攻撃がかかっており、絶対にゆるせません。
地域住民と自治体労働者が団結して、そんな人殺しの労働をやめさせよう!

今日2月24日、部落解放同盟全国連 西郡(にしごおり)支部が、八尾市の差し押さえを弾劾して練り歩きと集会をおこなったので、練り歩きに参加してきました。

(続きへGO↓)

現地にはちょっと遅刻してしまい・・・ 
シュプレヒコールがこだまする西郡の地域をさまよい歩きました。

声があっちからするかな~?と思っても、反響しているのでうまくみつけられず、シュプレヒコールを頼りに一団を見つけるのは難しいという雑学も発見しつつ。

練り歩き中の学生Aくんに電話したら、携帯に出るために手袋をはずして、その手袋がドブに落ちたそうです。笑  (知らんがな)

と色んな人に迷惑をかけつつ・・・

なんとか、旗やプラカードを持った人たちに出会いました☆
住民のマイクのコールに続いて、労働者や学生が
「住宅民営化反対!」
「全国の労働者が怒ってるぞ!」
と元気にシュプレヒコールをしました。
街の人にビラを配り、団結をうったえました。原付に乗ったおじさんもビラを取ってくれていました。

練り歩きが終わってから、八尾北医療センターという、部落差別と闘い地域医療を守る病院のなかに入りました。
病院にいたのは10分くらいの間でしたが、病院にいた住民さんと思われる人たちが、すごく優しくもてなしてくださいました。

まず、女性が、「お疲れさま。寒かったやろ~。アメ食べ」と真剣な顔で、黒砂糖飴を配ってくれました。
また、別のかたがコーヒーを出してくださいました。

そしてMさんという女性が、すごい面白い人で、また、私たちが来たことをすごく歓迎してくれたのでした。
私の服装を見て、「最近の若いコはスカートからジュバン(肌着の意味かな?)出してはくんやな」と言ってました。笑
いちお、これはレギンスとか言うらしいけど、私もモモヒキて呼んでるけど・・・。
最後は「もう行くの?さみしいわ」って他の人の服で涙をふいていました。

感動しながら、「また来ますから、よろしくお願いします」と言って病院をあとにしました。

私は別件があって、その後の集会には参加できなかったのですが、A君かNさんが報告してくれると思います。

また行きたいです。
今日住民の人に会って、差別・分断をなくす闘いに一徹にがんばりたいとさらに強く思っています。
八尾北、西郡の人たちと、労働者として共に闘っていきます!

|

« ちび太が生還しました | トップページ | 日の丸・君が代反対ビラまき »

差別との闘い」カテゴリの記事

コメント

>地域住民と自治体労働者が団結して、そんな人殺しの労働をやめさせよう!

自治体労働者が団結して、人殺しの労働をやめさせよう!と言うのは正しいと思います。だけど、ここでは、一つは主人公は、部落民ですね。その事はキチンと記すことが大事だと思います。そして、やはり、住居取上に来る自治体労働者が、その労働を、銃を、部落民に向けないように、取り組む必要があると言うことだと思います。そうでないと、まさに、「人殺し」を、部落民を、自治体労働者が、殺すと言うことになってしまうと言うことだと思います。自治体労働者が部落民に対する殺人者になってしまうと言うことです。
その点で、根津さんのように、不当な業務命令を拒否すると言うことが大事だとおもいます。自治体労働者のこの取り組みを、是非、頑張りたいですね。
それと、やはり、同和住宅が必要な理由は、差別で、就職が困難であったり、収入が少なかったりすることに夜のだと思います。その点、特に、就職における差別を、なくしていくことの取り組みが必要だと思います。
就職における差別は、女性差別もあります。障害者差別もあります。在日朝鮮人などへの差別もあります。ここでの努力を、何とか取り組みたいですね。
僕たちは、京都生協で、障害者労働者に対する差別等を糾弾し闘っています。是非、共に頑張りましょう。

投稿: 京都生協の働く仲間の会 | 2008年2月25日 (月) 10:34

ぜひ、共にがんばりましょう!!

投稿: ユメウツツ | 2008年2月26日 (火) 23:57

改良住宅の家賃値上げを巡る闘いは、89年の法務省見解以来の同対審答申の否定を巡る同和事業打ち切りとの闘いです。国家権力に対する生活要求の糾弾闘争そのものです。
そういう意味では、国鉄の分割・民営化を巡る闘いと一体なのですよ。全国連および、同住連は、動労千葉と同じく新自由主義と戦い抜いている部落民の大衆団体なのです。

投稿: 生駒山 | 2008年3月 1日 (土) 09:14

生駒山さんの言うとおりと思います。
私は自分が部落解放運動の歴史について無知なところがいっぱいで、部落民プロレタリアートの怒りにもまだ近接できてないと思います。
記事にするのも少し迷ったのですが、やっぱり意思表明して連帯していきたいと思いました。ここもたくさんの人が読んでくれているので一緒に考えて行動できたらと思います。

投稿: ユメウツツ | 2008年3月 1日 (土) 11:20

SMさんと名乗るかたからコメントが来ました。

SMさん。
あなたの投稿内容は、「よく知らないので質問する」ような形態をとりながら、明確にある運動を攻撃する主旨で投稿されていると判断し、A&Uのコメントルールに基づき不承認とします。

SMさんは他組織のホームページでも同じコメント投稿をされています。「二重投稿は失礼ですが」と断られていますが、失礼うんぬんより先に、あなたの投稿内容及びネット上でしている運動破壊行為について承認できません。

また、「3・16以降は共闘できないかも」とのことですが、そもそも今どのような共闘がある方なのか私は知りませんので、メール等にて明らかにしてください。
act_and_unite(AT)yahoo.co.jp

投稿: ユメウツツ | 2008年3月 2日 (日) 19:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西郡を練り歩き(ユメウツツ):

« ちび太が生還しました | トップページ | 日の丸・君が代反対ビラまき »