« コムサ闘争☆全国へ! | トップページ | 就労申し入れ後、 »

2008年1月17日 (木)

Nです◎コムサに就労申し入れ

1月12日、うちが働いていたコムサイズムの店に「この解雇は不当解雇で無効だから、私には働く権利がある」ということで就労申し入れをしてきました。
普段は店に来ないようなファイブフォックスの管理職が、めっちゃいっぱい待ち伏せ(?)してて、団体交渉に来てた顧問の金澤までもわざわざ東京の本社から来てました。
公安警察が3人くらいいました。一人はマスクと帽子で顔を隠して、申し入れ中ずっとこっちをビデオで盗撮してきて、
「人のこと隠し撮りしといて自分の顔は隠すんかよ!」ってムカつきました。あとの二人は申し入れが終わってもずっとつけてきて、タクシーに乗っても後ろから別のタクシーでついて来ました。
店はセール中で、忙しそうでした。店に入るとやっぱり働きたいなと思いました。この職場からうちをたたき出した上田と波川、それに手を貸してる金澤たちにはホンマに腹が立つ。
働くことは楽しいことやと思う。資本家は「だったら文句を言わず働け」って言ってくるやろうけど、資本家の利益をあげるために働くのは嫌や。
労働者同士が分断されて、競争させられて働くのは楽しくないねん。
労働ってほんまは人が生きるためにすることやのに、この社会では、必死に働いて資本の利益をあげればあげるほど、どんどん労働者同士の競争が強くなって労働者の生活をつきおとしていく。
人の生活を助けるための機械さえ、資本の利益のため、労働者の首切りに使われる。
資本家の利益を上げへんと生きられへん資本主義社会での労働なんか苦しいだけや。
社会をまわす力は労働者にある。コムサの店をまわしてるのは、上田社長じゃなくて労働者や。
あいつらは、うちらが従ってるかぎりで偉そうにしてられるだけや。
だったら資本家の言いなりになる必要なんかないやん。団結して職場を労働者の手に取り返そう。
労働者の団結をつぶして、資本の利益のためにどこまでも利用することをねらった、この解雇を絶対に許さない。

昨年の10月17日に、法政大学でのクラス討論で不当逮捕、起訴されている内田くんの初公判が2月18日にあります。みなさんぜひ来て下さい!

職場を労働者の手に、大学を学生の手に取り戻そう!!!!

|

« コムサ闘争☆全国へ! | トップページ | 就労申し入れ後、 »

法大・コムサ闘争」カテゴリの記事

コメント

京都―滋賀地域合同労働組合・伏見織物加工支部
(連絡先=伏見東郵便局私書箱26号keizirou.hushimi@hotmail.co.jp)
郵便為替口座番号01000―8-43014京都―滋賀地域合同労働組合)

僕たちも、繊維染色工場で、労組を作って頑張っています。首切り反対を中心としての争議です。1つは、京都府労働委員会の結果待ちです。
コムサは、取引先だったように思います。調べてみます。
共に頑張りましょう。

投稿: 伏見織物加工支部 | 2008年1月18日 (金) 09:26

伏見織物加工支部さん、激励ありがとうございます!
ともに頑張りましょう☆!

投稿: N | 2008年1月22日 (火) 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304891/9925847

この記事へのトラックバック一覧です: Nです◎コムサに就労申し入れ:

« コムサ闘争☆全国へ! | トップページ | 就労申し入れ後、 »