« 沖縄に来てます3 | トップページ | Nです◎コムサに就労申し入れ »

2008年1月16日 (水)

コムサ闘争☆全国へ!

ユメウツツです。

えらいこっちゃ・・・。
A&Uも取り組んでいる、Nさんのコムサ不当解雇撤回闘争が全国展開か!?

広島で「労働者階級の団結で被爆者解放しよう」と闘う被爆者青年同盟(被青同)も参加して、コムサ不当解雇撤回の街宣をやってくれたそうです。

被青同ブログ「火群(ほむら)」http://hiseidou.blog.shinobi.jp/)で街宣の報告が出ていますので、ご覧ください!!

|

« 沖縄に来てます3 | トップページ | Nです◎コムサに就労申し入れ »

法大・コムサ闘争」カテゴリの記事

コメント

全国展開、頑張ってください。共に頑張りましょう。
ゼンガクレンは、東京都か、法政大学とかでは、連帯行動などしないんですか?法太・コムサ闘争だから、学生も、大学とかで連帯行動するのが当たり前だと思いますよ。
もっと、言えば、生協の労働者の立場から言えば、大学の主人公は、学生ではありません。生協労働者、大学労働者など、やはり労働者です。主人公は、大学だけ学生灘などとなrのは、おかしいです。そして、学生アルバイトなどの労働者も、大学の主人公です。僕たちは、そうして、大学生アルバイトに、労働学校をして欲しいです。

投稿: 京都生協働く仲間の会 | 2008年1月19日 (土) 09:42

「働く仲間の会」さん、激励ありがとうございます。

ゼンガクレンとしてかどうかわかりませんが、法大闘争のひとつとして全国で学生も支援してくれているそうです。

大学の主人公は・・・「学生か、あるいは、労働者か?」というよりは、両方が主人公で、権力は両方に同質の攻撃をかけているのだと思いますよ。
学生には将来の奴隷労働者としての教育や管理を強い、学内労働者には搾取して、資本の利益の追求をおこなっています。

だから学生と学内労働者は、手をつないで、「労働者が社会の主人公だ!大学を学生と労働者の手に返せ!」と大学資本当局に立ち向かうことが必要だと思います。

どこかで「働く仲間の会」さんともご一緒できることを楽しみにしています☆

投稿: ユメウツツ | 2008年1月21日 (月) 20:02

京都生協働く仲間の会さん。ありがとうございます!
コムサ闘争は学生、労働者のみなさんと団結を拡大しながら広がっています!
学生も未来の労働者として、資本に歯向かわない労働者になるための教育をされています。その攻撃の最先頭にあるのが法大です。なので、私もユメウツツと同じく大学の主人公は学生と、大学で働く労働者だと思っています。
ともに闘っていきましょう!

投稿: N | 2008年1月22日 (火) 23:13

今、生協では争議の嵐です。中太生協、明治大学生協などの各大学生協労組も、頑張っています。私達は、地域生協労働者です。是非、学生の取り組みの中に、生協労働者との連帯を掲げて欲しいと思います。と言うのも、生協の組合員という立場の学生が多いはずだからです。そうして、生協争議の勝利のために、その立場を是非使って欲しいです。それと、学生アルバイトの労組への組織嘉とか、労働法の学習とかをお願いしたいです。私達京都生協では、高校生アルバイト、学生アルバイトなどを使った、労働組合つぶしが行われています。こんな点から、未来の労働者というのではなく、現在もまた労働者であると言うことを、真剣に考えて欲しいです。もちろん、高校生もです。
労働基準法では、未来の労働者などとは言っていません。、年少労働者、未成年労働者ときていしているのです。憲法もです。

投稿: 京都生協働く仲間の会 | 2008年1月25日 (金) 10:11

学生労働者にも、就職差別反対も真剣に考えて欲しいです。労働組合が、この取り組みをすることはなかったと思います。しかし、ここでこそ、露骨な資本の支配があると思います。銀行では、女性差別、セクハラ、強姦が、就職を餌に、行われています。銀行の男性労働者がしています。
僕たちの生協でもパート募集に、いんちきが行われてきました。経験不問と言っておきながら、雇っておいて、スーパーの経験がないから、パートにはしないと言うのです。本当に許せません。
おそらくコムサでも、女性労働者は、大変な中にあるでしょう。ぜ非、頑張りましょう。

>法大闘争のひとつとして全国で学生も支援してくれているそうです。

ゼンガクレンなどのホームページには、全く載っていませんが、何処に載っているか、教えてください。よろしく。

投稿: 京都生協働く仲間の会 | 2008年1月26日 (土) 10:58

nさんへ
大学を、学生と大学労働者の手に取り戻そう!ということだそうです。
僕たちは、学生も、労働者であるから、大学を労働者の手に取り戻そうというのが正しいと思います。大学の主人公は労働者だというのが正しいと思います。
そのことはともかく、具体的には、ゼンガクレンなどでは、まったくそんなことは、ビラなどでは訴えてこなかったと思います。僕たちも、法大の弾圧に反対で、賛同署名をしました。その時にも、同じ様に提案したけど、全く無視されました。何処が違ってくるかというと、法政大学の労働者のみなさんという呼びかけができているかどうかと言うこと事です。
nさんの法大でまいたビラは、法政大学の労働者のみなさん!あなた方が主人公だ。団結して闘おう!とは一切呼びかけていないとおもいます。その点を、是非、反省的に省みる必要があると思います。
三里塚も、沖縄も、大学も、現場労働者が主人公であり、逆に、労働者が団結して立ち上がれば、根津さんのように、勝利できると言うことでしょう。三里塚は、農民の訴えに、建築土木の労働者が先頭になって応えたときに、沖縄は、沖縄県民の訴えに、同じように、建築土木の労働者が先頭になって応えたときに、勝利できると思います。

投稿: 京都生協働く仲間の会 | 2008年1月27日 (日) 10:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304891/9906745

この記事へのトラックバック一覧です: コムサ闘争☆全国へ!:

» コムサ街宣 in 広島 ② 君もいずれこちら側に来るだろう [火群 ─ ほむら ─ ]
本通りパルコ前での、「コムサ解雇撤回街宣」中、案の定、パルコからの妨害が入りました。 パルコ敷地外にも拘らず、街宣を止めろと、パルコの警備員が血相変えて怒鳴りこんできました。 「ここは天下の公道じゃないか」 「排水口から内側に入ってないじゃないか」 こちらの抗議に、 「わりゃぁー、だれに物をゆーとんじゃぁ!おどりゃーやるんかぁ!」 「仁義なき戦い」の菅原文太でも、松方弘樹でも、これほど汚い広島弁は使わんじゃろう、ってくらい        ガラの悪い広島弁をお使いあそばす警備... [続きを読む]

受信: 2008年1月17日 (木) 00:32

« 沖縄に来てます3 | トップページ | Nです◎コムサに就労申し入れ »