« イブでもやります!労働学校その2 | トップページ | コムサ街宣1 »

2008年1月 1日 (火)

ガンタン・ガイセン☆

ガンタン・ガイセン☆
2008年1月1日
明けましておめでとうございます。ユメウツツです。

さっそく今年一番、朝から梅田で街宣☆
正月から、すごい風で寒かったぁー!!
でもみんなでがんばったから心は寒くないゾ。
(*бvб*)

街宣は、A&U大阪の仲間がコムサを不当解雇され、それを撤回させるために、梅田ヨドバシカメラのコムサストア前でやりました。

※コムサ=大手服飾メーカー。資本はファイブフォックス

街宣は、事前の団体交渉が決裂したため、争議の一環としておこなわれ、主催は関西合同労働組合大阪東部支部でした。

朝から30人ほどの組合員・支援者が集まって、1時間半で千枚くらいのビラをまきました。
新年から集まって一緒に闘うことのできる労働者の団結の素晴らしさを感じました。

解雇された仲間は、コムサで働く労働者や服を買いに来たお客さんに一生懸命うったえました。
自分はコムサの仕事が好きだから、コムサを回している労働者同士が団結したいから、社長や資本による一方的な思想弾圧の解雇をゆるさないと怒りを込めました。

コムサストア前で福袋に並んでいた人や従業員、通行する人、みんな関心を持ってマイク演説を聞いてくれ、ビラを受け取ってくれました。

店の前で待っている人がビラを取りに来てくれました。手にビラを持って働きながら、私たちに会釈してくれたヨドバシカメラの従業員もいました。

また、久々に会えたA&Uメンバーもいました。色々悩みながらも、正月からの行動に駆けつけてくれました。

労働者が同じ労働者として団結をうったえたとき、必ずそれは心に響くということ。同じ状況にあればあるほどすぐに理解しあえるということ。

解雇の詳しい経緯と、解雇された仲間の思いなどは追ってアップしますが今回の解雇は、「労働者の団結で社会を変えよう、戦争も止められる」と確信して行動した人を、公安警察が介入して解雇させることが起こった事件です。

私たちはそんな解雇を絶対にゆるせないし、同じ労働者にうったえて団結を拡大させ、解雇を撤回させたいと思います。
必ず勝利します!

動画も後日アップします!ご注目ください。

|

« イブでもやります!労働学校その2 | トップページ | コムサ街宣1 »

法大・コムサ闘争」カテゴリの記事

コメント

一日は闘いにかけつけられませんでしたが、思いはひとつです。権力の思想弾圧、不当解雇には労働組合(労働者の団結)を先頭に解雇撤回まで闘いぬきましょう!

投稿: たんたん | 2008年1月 2日 (水) 10:39

A&Uのみなさま・全国の闘う労働者のみなさま。

寒風吹きすさぶ元旦、仲間の解雇撤回闘争に起たれたA&Uと合同労組の、資本の氷河を溶かす熱い闘志と弾圧の鎖を砕く団結の力!
明けた☆
ついに労働者の新しい年が明けたんだ!

今年は、昨年以上の共闘と団結の絆を打ち固める年にしてまいりましょう!
どうぞよろしくお願いいたします。

ユメウツツさん。

是非、生駒山さんと大正区で一献傾けたいです。
(てか、最終的にはウーロン茶になりそうだけど)
前回のユメウツツさんたちとの交流会では、ワタクシ、8・6準備でお疲れモードであったため、はっちゃける気力もなく非常に残念でござーました。

生駒山さん、お会いして色々とお話したいと思ってます。

投稿: 夾竹桃 | 2008年1月 2日 (水) 17:50

公安警察の介入とのことだそうで狙いは運動家つぶしでしょう。彼らのやり口は許しがたく、陰湿化していますので警戒を!私の経験や最近の公安警察の動きは激しいのでこんなことも起きるだろうと心配していました。昨年の労働者集会も弾圧が激化したことや寝屋川の全国連の弾圧などもありましたので用心を!公安警察の暴走をくいとめるには被害者が連帯して国家賠償請求することなども検討すべきではないでしょうか?なぜなら彼らは憲法違反のやりたい放題であると同時に彼らは法治主義を建前にくるからです。

投稿: 日本国憲法擁護連合 | 2008年1月 3日 (木) 16:45

みなさん、新年からのメッセージありがとうございます。
遠方や事情により来られなかったみなさんとも、思いはひとつだと本当に思っています。
そう感じることのできる2007年であり08年元旦闘争でした。

権力は私たちに色々な弾圧をしかけてきますが、そうしないと労働者をもはや抑え込むことができなくなったからであり、最後のボロボロの姿でもあります。
私たちは遠慮することなく闘い、権力者の最後の暴走である侵略戦争を絶対に止めましょう。侵略戦争か革命か、絶対に革命を選びましょう。
今年は、それがハッキリする年になります。年にしていきます!

投稿: ユメウツツ | 2008年1月 5日 (土) 10:41

ゆめうつつさんどうもです。私も公安警察にはそうとうな嫌がらせを受けていますので、心はあなたと同じ思いがあります。

「権力は私たちに色々な弾圧をしかけてきますが、そうしないと労働者をもはや抑え込むことができなくなったからであり、最後のボロボロの姿でもあります。」というゆめつうつつさんの書き込みに私も納得しています。

公安警察は、2000年頃から、組織的な指令を出して私の私生活にまで土足で踏み込み陰湿な嫌がらせをしてきています。

これは、彼らの力を見せ付けているというのではなく、「そんなことをしなければ、運動をやめさせられない」と彼ら公安刑事どもが「判断」したことのあらわれでしかありません。

しかし私はネットの活動も、そして機関紙購読もどちらも継続し公安刑事をマジカで追求したこともありますし、私の私生活も彼らの嫌がらせをものともせず継続していますので、彼らの陰湿な策動は根底から木っ端微塵に見事に粉砕されていると断言できます。

逆に私に対して公安警察が嫌がらせを強化すればするほど、彼ら警察権力組織そのものの不祥事が露骨に噴出している情勢は単なる偶然ではなく、彼らが私を追い込もうと汚い手口を使っているから彼ら警察権力の組織そのものが腐り果てていくのだということなのです。

それが嫌なら公安警察は私の嫌がらせを即刻やめるべきでしょう。

こんな輩が、浄化作戦を数と暴力の力で推し進めようが、弾圧を強化しようが、嫌がらせを展開しようが腐り果てている警察権力の組織の実態は隠しようがありませんので、彼らの説得力と権威は彼らの実態的基盤でもある自民党の支持低下と同様に日増しに失われているいくだけなのです。

とりわけ「権力は私たちに色々な弾圧をしかけてきますが、そうしないと労働者をもはや抑え込むことができなくなったからであり、最後のボロボロの姿でもあります。」というゆめうつつさんの提起に説得力をましているのは、正月すぎのテレ朝の全国ニュース報道で行われた、「若者」に対する警視庁の対応です。

彼ら警察権力側は若者の「反乱」に転化することに恐怖しているということです。

公安警察幹部は、サルコジと対峙したフランスの若者の事情偵察とサルコジの治安対策に学ぼうと渡仏したこともあるそうで、日本の自由と生存のメーデーや昨年の労働者集会(これまでの年寄り臭い昔の運動スタイルから没却しつつあるので私は評価しています)にそうとうの弾圧と圧力を展開してきているのは、それだけ若い人が運動に関わることに苛立ちを感じているということなのです。

それはおそらくイラク反戦運動にそうとうの若者が参加し、首都圏の運動がかなり若返りしたことに権力側は恐れをなしていることの何よりの証左です。

したがって、中年の公安デカどもは、ゆめうつつさんたちや私などの比較的接点がありそうな人々を憎悪して嫌がらせをしてくるということなのです。

さらにいえば、本日全国放送された毎年季節ごとの恒例の「警察賛美番組」が警視庁の度重なる不祥事頻発(首都東京のトップが警察官のストーカー犯罪露呈で辞任)によって、交通警察官の賛美(これまでの威圧感たっぷりな警察番組から、親しみがわくような番組構成に変えられていたというのも特徴的です)ぐらいしかできなくなっているということです。

つまりそれらは、彼ら警察組織の最後のボロボロの姿でもあるということなのです。

ゆめうつつさんたちの街頭宣伝に「お前らの表現の自由はない」などと憲法無視もいいとこの嫌がらせをやりにきた公安デカどもの姿も、そんな権力のボロ雑巾のような実態が露呈しているということなのです。

私は彼ら公安警察の陰湿な手口は知り尽くしていますので、すでに開始しはじめていますが、彼ら公安警察の陰湿な手口を全世界の人々に詳らかに紹介して彼ら公安警察どもの恥部と実態を根底からえぐりだしたいと考えています。

「私たちは遠慮することなく闘い、権力者の最後の暴走である侵略戦争を絶対に止めましょう。侵略戦争か革命か、絶対に革命を選びましょう。
今年は、それがハッキリする年になります。年にしていきます!」同感です。

今年は自民党独裁(統一協会&生長の家&創価学会等の新興宗教によって支えられている保守政権)が崩壊する選挙の年にしましょう!

そして公安警察を一日も早く廃止させましょう!

投稿: 日本国憲法擁護連合 | 2008年1月 6日 (日) 02:14

訂正します。ごめんなさい。

>彼らの説得力と権威は彼らの実態的基盤でもある自民
>党の支持低下と同様に日増しに失われているいくだけな>のです。


彼らの説得力と権威は彼らの実態的基盤でもある自民
党の支持低下と同様に日増しに失われていくだけなのです。

投稿: 日本国憲法擁護連合 | 2008年1月 7日 (月) 10:25

公安警察の暴走をとめる方法は裁判にもちこむことです。

動労千葉は裁判所で公安警察官をひとりひとりといつめて嫌がらせをやめさせたそうです。

投稿: 日本国憲法擁護連合 | 2008年1月13日 (日) 05:14

ということで醜悪な公安警察を合法的にたたきのめしてください!

投稿: 日本国憲法擁護連合 | 2008年1月13日 (日) 07:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304891/9667480

この記事へのトラックバック一覧です: ガンタン・ガイセン☆:

« イブでもやります!労働学校その2 | トップページ | コムサ街宣1 »