« 長居公園での野宿者強制排除を阻止しよう2 | トップページ | 大阪市の長居公園での行政代執行 »

2007年2月 6日 (火)

長居公園での行政代執行(野宿者強制排除)を阻止しよう

2007年2月2日。
本日、大阪市の行政代執行(野宿者テント強制撤去)に抗議し、大阪市役者への申し入れを行いました。
(申し入れ書のテキストは記事の一番下)

申し入れの前に庁舎前で申し入れ書のコピーをまきました。
「長居公園でのテントの強制撤去に抗議します。」「大阪市職員のみなさん野宿者の生活をうばう業務命令を拒否しよう」とうったえました。
ビラを取った人で、ビラまきを手伝ってくれた人がいました。

市役所の職員や通行人がたくさん受け取ってくれましたが、市職員には全員しっかり受け取ってほしいとはがゆい思いもしました。

申し入れは関市長あてに、福祉部局のホームレス自立支援課に行いました。対応は井上利夫氏。
反戦団体として、市民として行政代執行に反対し中止を求めました。
また、この行政代執行に対する見解を求めました。
やり取りの詳細については別記事にて掲載しています。

しかし、井上氏は「団体との交渉はしない。あなたとお話するつもりはない。」とし、「紙を出せば見解を出すかどうかを含め返事をする」と強引に打ち切ろうとしてきました。
また、手のひらをこちらの顔の手前に近づけ、だまらせるような態度を取ったりと、不誠実な対応でした。
経営企画室と工事担当課のゆとりとみどり振興局に申し入れについて、伝え共に反対の意志を表明することを要求しました。

そのあと労働組合の市従と市職労にもコピーを渡しにいき、ともに業務命令拒否にむけて決起してほしいとうったえました。

日曜日深夜〜月曜日早朝の阻止行動にも有志で参加します。
みなさん長居公園に結集してください。
(その際は、長居公園の野宿者と阻止行動主催団体の指示に従ってください。)

以下申し入れ書テキスト

|

« 長居公園での野宿者強制排除を阻止しよう2 | トップページ | 大阪市の長居公園での行政代執行 »

差別との闘い」カテゴリの記事