« Free Palestine!! 京都で街宣(Action in Kyoto) | トップページ | 3万人がホワイトハウスを包囲(30,000 fill the streets around the White House) »

2006年8月13日 (日)

【紹介】レイプから身を守るための護身術「インパクト」

「インパクト」という、レイプ・暴漢から身を守ることを目的にした護身術がアメリカで普及しています。
そのインパクトの講座(ベーシックコース=3日間20時間の特訓講座)が8月に大阪に来日しますので案内します。年に1回しかない機会です。

去年、A&Uメンバーも受講し、自分の物理的強さを発見し自分の尊厳を再確認してきました。
女性は無力ではなく、女性も命をかけて自分の尊厳を守る存在なのだということを、この講座を通じて実感できると思います。
ご興味ある人はどうぞ。

●インパクトについて
下記のインパクト関西のホームページをごらんください。
http://www.impactkansai.com/index.html

●インパクト受講者の感想(A&Uメンバーのものではありません)
~女は決して無力な存在ではなかった!~
3日間連続で「インパクト関西」のセルフディフェンス(護身術)のベーシックコースに参加した。費用は少々高かったが、おもしろそうだし、1回受けたら一生持つよなんて知人の言葉に誘われて申しこんだ。

インパクトとは1971年にアメリカで黒帯の女性武道家がレイプされた事件をきっかけに考案された、実践的な護身法を教える団体であるとのこと。いざというとき、恐怖を感じていても効果的な反撃ができるように、防具をつけた男性のマガー(加害者)役の男性インストラクターを相手に何度も技を練習する。マガーは背後から突然やってきて羽交い締めにしたり、寝ていると急に上から覆い被さったりするなど、かなりリアルなシーンが設定される。(しかし、マガー役のインストラクターからは最初に自己紹介があり、とっても優しくて女性たちの人権を守るために頑張っている男性であることが参加者に共有されているから、恐怖や不安はないので大丈夫) 一度身につければ、自転車に乗るのと同じで、いつでも思い出せるという説明があって実践が始まった。

護身術を教えるところはけっこうあるかも知れないが、女性たちがこんなにも激しい“反撃”を実際に練習する講座は少ないように思う。男性が襲ってくる瞬間、“目突き”、“股蹴り”、“肘つき”、“足蹴り”など使える技を繰り返す。相手がダウンするまで「メ!」「マター!」「ヒジー!」「アシー!」大声を出しながらやる。みんな必死である。参加者10人の女性とインストラクターの女性と助手の女性たちが大声で周りから応援する。顔を紅潮させ、汗だくになって、必死で相手と闘い、最後はダウンさせる(マガーは、ヘルメットや防具がなければノックアウトされるぐらいの力を感じた時にダウンする)。

最初は遠慮勝ちに「来ないで」「止めてください」「あなたとは話したくありません」と言っていた女性たちが3日目には「来るな!」「やめろ!」「話したくない!」と大声で叫んでいる。1日目は股蹴りをしたとたんに、自分がひっくり返っていたか細い女性が、見事にマガーのヘルメットのど真ん中に足蹴りをきめ、バシーンといい音が響く。

1日目から私と隣のSさんはポロポロと涙をこぼしていた。「何でこんなに涙がでるんやろね」「女の人が必死でたたかう姿に感動してるんかな」なんて言ってたら、2日目には、全員が大泣きした。3日目には卒業式まであり、この3日間に私は参加者全員から尊重され、励まされ、インストラクターのゲラーさんや何百回もドスンと床に倒れてくださった男性インストラクターのスチューさんたちからいっぱいの愛をもらったと感謝している。私は決して無力な存在ではない!私には、すごいパワーがあるんだ!って参加者全員が体感できた講座であった。自分の中にある力に気づき、それを取り戻す講座であった。女性たちに一度は体験してもらいたいと思った。

後日談:私はめちゃ元気になって、数日間は「来るな!」「やめろ!」と家の中で大声で叫びながら、股蹴りの練習をしていた。(家族は…呆然。)ある日、探偵ナイトスクープという深夜番組を見ていたら、視聴者の投書に「女性は何故、驚いたらキャー!というんですか?」という質問があった。間カンペイが「男はびっくりしたらウォ!っていうけどなあ」って言ってた。男性の出演者たちが「キャー!」の練習をするのだが誰も恥ずかしがって「きゃー!」と言えなかった。これってジェンダーだったのかって気づいた。テレビなどのヒロインも現実の母親も大抵が「キャー!」って叫んで立ちすくむ。女性は子どもも大人も、いつだって無力で男性の助けを求める存在としてしか描かれていないから、そうするしかないって思わされていたんだ。テレビを見て目からウロコでした。(2004年卒業生)

●以下、今年の講座の案内です
---
◆毎日文化センター主催ベーシックコースご案内◆

下記の日程で、大阪にて20時間のベーシックコースを実施することになりましたので、お知らせいたします。
できるだけ多くの女性に、自分の抱いている心身両面の力を実感してもらいたいなぁと思います。
リアルな状況設定で、実践的な技を、防具を付けた男性インストラクター相手に繰り返し練習できる講座です。講座終了時には、頭で考えなくても体が動くようになります。
ぜひ一度、参加してみください。

日時/8月25日(金)10時~16時
8月26日(土)10時~17時
8月27日(日)10時~17時

場所/リンクステコンドーアカデミー
(地下鉄心斎橋駅から徒歩5分、四ツ橋駅④⑥出口から徒歩1分)

講師/ゲラー知代子、スチュー・ソフィールドほか、日米インストラクターチーム
参加費/52,500円(消費税込・毎日文化センター入会金含)(*3回分納可=18,000円x3回=54,000円)

定員/14名(先着順)15歳以上

お申込み・お問合せ/毎日文化センター Tel.06-6346-8700 Fax 06-6346-8703
E-mail: info@maibun.co.jp
お問合せには女性担当者がお答えいたします。ご質問等ございましたらご遠慮なくどうぞ。

詳しくはインパクト関西HP http://www.impactkansai.comをご覧下さい。リニューアルしました!

◆ベーシックコース卒業式(講座の見学ができます)のご案内◆
日時:8月27日(日)2時30分~3時30分
場所:リンクステコンドーアカデミー(同上)

◆「親子で体験! 危険から身を守る護身術講座」参加者募集中!◆
子どもに迫る危険な状況を現実的に想定し、被害に遭いにくい態度を学び、大声を出す練習、そして、実際に逃げるための簡単な実技を練習して、身につけます。
親子で楽しく体験して、子どもを守る・自分を守る自信をつけましょう!

日時:2006年8月18日(金)午後1時~4時
対象:子ども(おおむね小学1年生から4年生)と保護者
定員:15組・30名
会場:生江人権文化センター 2階 集会室
講師:スチュー・ソフィールド(インパクトベイエリア)、ゲラー知代子(インパクト関西)など
参加費:保険代ひとり100円
持ち物:動きやすい服装(スカート不可)、スニーカー、お茶など飲み物
申込:来館・電話・ファックス・はがきで「全員の名前・年齢・住所・電話番号・一時保育希望の方はお子さんの名前と年齢(おおむね6ヶ月から就学前)」をお伝えください。
申込み・問合せ先:大阪市立生江青少年会館
〒535-0004
大阪市旭区生江3-20-21
電話 06-6924-1591
FAX 06-6927-2423
交通機関:
*JR大阪駅前・地下鉄御堂筋線「中津」より市バス34番「守口車庫前」行き「生江」下車
*京阪「天満橋」・地下鉄谷町線「都島」より市バス110番「守口車庫前」行き「生江」下車
---

|

« Free Palestine!! 京都で街宣(Action in Kyoto) | トップページ | 3万人がホワイトハウスを包囲(30,000 fill the streets around the White House) »

差別との闘い」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【紹介】レイプから身を守るための護身術「インパクト」:

« Free Palestine!! 京都で街宣(Action in Kyoto) | トップページ | 3万人がホワイトハウスを包囲(30,000 fill the streets around the White House) »