« 三里塚に行って来ました~ | トップページ | 第100回辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動に参加しました »

2006年7月 6日 (木)

日本・朝鮮・韓国の人民は手をつなごう

今日、ニュースでは「テポドン」がどうのこうのって大騒ぎになっています。

職場でも同僚が「北朝鮮は恐い国やね」などと話していました。
でも「あんたの国(私の国でもあるけど)の政府のほうがよっぽど恐いで」と言いたいです。

私たち「日本人」は今こそ朝鮮、韓国の人民と連帯しなければいけないと思います。
人に勝手に格差をつけ、偏見・差別をあたえて分断し、戦争で殺し合わせる国家こそ「敵」です。
私たちは国を単位に「敵」「味方」の図式をつくるのではなく、私たち底辺の生活者こそが団結して共通する敵(政府)を退出させるべきです。

さて、報告が少し遅くなりましたが6月27日に「日本と朝鮮・韓国の心をむすぶコンサート」に行ってきました。
このコンサートでは、韓国で活躍中の「ウリナラ」【左上写真】というバンドが来日公演をおこない、祖国統一、東アジアの平和、朝日国交正常化の早期実現、反戦など、歌と映像を通じて人々に訴えました。
また「北側オリニ栄養パン工場事業本部」の広報大使を担っている俳優・権海孝(クォン・ヘヒョ、「冬のソナタ」の金次長役で有名)さんも来場し、トークショーをおこないました。【写真下】

権海孝(クォン・ヘヒョ)さんを前にして、私は冬のソナタを見たことがあるので「本物の金次長だ~!」と感動しました。
しかし何より、権さんの祖国統一や平和への思い、そして在日同胞への思いに共感しました。
「歴史は確実に統一に向かっている。犠牲はあるかもしれないけれど、私たちは使命感を持って統一を果たそう。」「平和をめざそう」と権さんは明確なメッセージを伝えてくれました。

バンド「ウリナラ」(「私たちの国」という意味)の演奏にも感動しました。演奏では背景に、日本軍による侵略、民族の分断、そして再会という人々の血と涙の歴史が映像として流され、音楽とあいまって泣かずにはいられませんでした。私の隣や周りの人もすごく泣いていました。
ウリナラは楽しく盛り上がる歌もうたってくれました。私は一番前の席で見ていたのですが、後ろをふと振り返るとたくさんの人が立ち上がって廊下に並びウェーブをしていました。

仕事がたくさん残っていて「つらいな~」と思っていたのですが、仕事をほってコンサートに行って本当によかったです。
朝鮮、韓国と日本の人々が連帯することの大事さを改めて思いました。

この日は、もう一つうれしい再会がありました。
以前の記事に書いた6月10日「共謀の日」に大阪駅前で会って沖縄基地建設反対の署名をしてくれた西成区萩之茶屋に住む日雇い労働者のかたもコンサートに来てくれたのです。
「コンサートによかったら来てください」とお誘いしていたら本当に来てくれたのでした。
その人はものすごい大声で最後までウリナラに「アンコール!アンコール!」と言ってました(後でその人だと気付いたのですが・・・)。
しかも、タンバリンまで買って用意していました。

コンサートが終わってから、ウリナラのCDを買って、金次長(じゃなく、権さん)と握手をして(ミーハー?)もらいました!
(写真にうつっている女性は私ではありませんよ)

こうやって人々がつながって政府のつくりだす差別や戦争を止めていけるのだと思います。
みんながんばろう☆

|

« 三里塚に行って来ました~ | トップページ | 第100回辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動に参加しました »

差別との闘い」カテゴリの記事

コメント

天神祭りの花火が25日らしいですね。今年こそ花火なるものを見てみたいです。
でも花火に水をさすようですが、イラクや最近問題になっているレバノンの方々が見る空には恐ろしい光を放ちながら爆弾が打ち込まれてるのですよね。昨日のレバノンの攻撃にたいしてまたイスラエルは百倍返しくらいするのでしょう。ほんとに腹が立ちます。日本は花火で楽しむのもいいですが、死の花火に毎日でも抗議の行進をするくらいありだと思います。
そや、アカデミー賞の候補になってた中東系のえいがなんでした?見たいなー

投稿: みさき | 2006年7月17日 (月) 14:08

今日はいきなり時間が空き、ここのプログをじっくりみてびっくり。よくよく見ると話題が豊富なんですね。インテリジェンスでけっこう熱い感じがしました。
部落差別のこともふれられていたので一言言わせてください。私の友人で某国立大出身で小学校の先生をやってる方がいます。その方は某地方都市の被差別部落の出身です。昨年結婚されたようですが結婚の時は苦労があったようです。

投稿: 天照大神 | 2006年7月18日 (火) 18:57

すいません。続きです。その方は結婚を意識するような年齢になって男性と何回か交際されたようです。彼女の場合はいざ結婚という時になってから部落出身であることが問題になるのがイヤだからといって、彼氏候補の段階で自分が部落出身であることを打ち明けてたそうです。言ってみれば最初から修羅場ですよ。彼氏候補の中には彼女が「自分は部落の出身やけど大丈夫なん?」て聞いたら悪気も無く、「結婚するわけでもないし大丈夫」と答えたそうです
私はその話を聞いて、なんとなさけない男性かとそして彼女の心を察すると悔しい思いがこみ上げてきました。
修羅場が最初ってありえん話ですよね。

投稿: 天照大神 | 2006年7月18日 (火) 19:09

天照さんこんにちは。
というか・・・どう考えてもみさきさんではないですか!?&emojiface_glad2;

ブログをよく見てくださりありがとうございます。
A&Uはあらゆる差別と侵略戦争をなくすために活動しています。

天照さんのお話にある部落差別をした男性には腹立たしい思いです。
しかし、被差別部落民を安い労働力として搾取し、労働者の不満のはけ口を被差別者に向けるという意味で差別を利用し温存している現在の社会システムを変革しない限り、そのような悲劇はなくならないと思います。
私たちはそういう視点で差別(社会システム)と闘いたいと思います。
みさきさん・・・いや、天照さんも一緒にやりましょう!

投稿: ゆめうつつ | 2006年7月23日 (日) 12:49

なぜ天照大神がわたくしとばれたのか不思議ですが・・さすが地獄耳ですね?!ここのプログをよく拝見するのも新聞やニュース等をみてて怒りがおさまらないからなんです。イスラエルの件や北朝鮮の件もそうですが、資本主義というシステムは親子の絆も奪ってしまうのですね。なんでこの国親殺しや子殺しが多いのですか?金がなければ生きていけない世の中がそうさせているような気がします。すべてが金銭勘定です
さて大阪駅でのチラシ配布をされたようですね。すばらしい取り組みですよ。イスラエルのレバノン侵略でもしていただけたらうれしいです。怒りをひとつにそして沖縄へですよ

投稿: みさき | 2006年7月26日 (水) 16:17

そうそう。大事なことを忘れてました。今日あたりから梅雨明けだそうです。お体には気をつけてしっかり食べてがんばってくださいね。皆様方は幕末の志士みたいな雰囲気を持っておられます。私たち名もない民衆の宝物です

投稿: みさき | 2006年7月26日 (水) 16:20

やっぱりみさきさんでしたか&emojiface_glad2;
いつも応援ありがとうございます。

現在、イスラエル=アメリカ軍によるパレスチナ・レバノン侵攻に対抗するための戦略をねっているところです。
チラシもまきます。連帯のためのアイテムも作成中です。

パレスチナへの連帯がすべてのムスリム人民への連帯につながると思っています。
もうすぐ、パレスチナ連帯のためのグッズが完成します。サンプル品が届いたのですが、手前味噌ながら、むちゃくちゃかっこよく出来てます。

そのうちブログでも紹介します。500個限定です。

みさきさんもぜひお求めください。

投稿: ゆめうつつ | 2006年7月26日 (水) 22:57

よくわかないんですが、今の日本政府は北朝鮮とは国交結びたくないみたいですね。今の敵対関係がベストだと考えている気がします。なぜなら保守化には敵が必要ですから。北朝鮮がミサイル打てば日本でミサイル防衛など防衛力&攻撃力を高めるべきと主張する大儀になるわけです。防衛はそんな大事じゃないとの主張に対してはそれで国が守れるのか?と反論され国民に危機を煽って今にもミサイルで攻撃されるかのような意見が政府の主流でしょう。軍隊なんて増強しても何一ついいことがないのに国民はどうして自民党を支持するんでしょうか?

投稿: かい | 2006年9月29日 (金) 14:00

う~ん、韓国とかと友好結ぶのはいいけど、来ては欲しくないな。
こ~いう頭だったら。
http://iroiro.alualu.jp/sekaisi/enkori/enkori_vol1.html

(・・・冬ソナって、盗作疑惑があるんだよな・・・。)

投稿: 頭の悪い人 | 2006年11月23日 (木) 11:00

朝鮮人です

投稿: みのも | 2006年11月23日 (木) 15:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本・朝鮮・韓国の人民は手をつなごう:

« 三里塚に行って来ました~ | トップページ | 第100回辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動に参加しました »