« ミーティング報告(1月28日) | トップページ | 野宿者の強制排除を許さない4 »

2006年1月31日 (火)

大阪市職員に訴える

本日早朝、大阪城公園と靭(うつぼ)公園に居住する野宿生活者への強制排除が行われました。ふるえる怒りを抑えることができません!
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200601300058.html

両公園の抵抗する野宿生活者と支援者約70名に対し、市職員と警察・機動隊が800人という数の力で襲いかかり、「家を奪うな!」と必死の抵抗をふみつけ、寒空の下に放り出したのです。
この組織的暴力による犯罪行為を絶対に許すことはできません。これは殺人行為だ。

この暴行に手を貸した市の職員に言いたい。
あなたたちは何の呵責も感じないのか?彼らの悲痛な痛みを感じることもできないのか?
マスクで顔を隠し、権力を背景に暴行する。恥ずかしいと思ってるはずだ。
ブルーシートの家は「ごみ」ではない!雨風を防ぐ、彼らが自力で確保した家ではないか。
「規制緩和だ」「自己責任だ」と失業を放置し、「住民登録がない」と生活保護を受ける権利も奪い、挙句の果てに居住権すら奪うというのか。文字通り行政による殺人が行われている。
市は「市が用意したシェルターに入ればよい」と言う。しかしシェルターは半年経ったら退去しなければならず、仕事が見つかるわけもないのだから、また路頭に放り出されるのです。
野宿生活者の問題は、労働者を好きなように使い捨て、市民権を奪ってきた行政、そして企業の責任です。

大阪市職員は「厚遇」などとたたかれてきました。この問題については夢現さんのブログを見てください。
http://aanduosaka.wablog.com/52.html
私は、大阪市職員組合が、差別に反対し、被差別部落の問題や、野宿者を含めた日雇い労働者への支援・連帯行動をまがりなりにも行ってきた存在であることを知っています。
だからこそ、今回の暴挙に対して、市職員の内部から抗議の声を挙げて欲しいと思っています。
市職員組合は、どんなにマスコミにたたかれても、市当局の市民サービス切捨てや「社会的弱者」への暴力に対して、自らの問題として先頭でたたかっていく責任があります。
市当局に攻撃されてきたからこそ、こういう時に存在意義を示してもらわないといけません。

私たちも、いつ職場を首になり、路頭に迷うことになるか分かりません。
大阪市、大阪府、そして小泉政権に、生活保障と雇用の確保を要求しよう。
市当局の労組つぶしに手を貸さず、労組に民間労働者、失業者との連帯を呼びかけよう。

このブログでも強制排除に対して記事を書いてきました。ぜひ抗議の集中をお願いします。
http://aanduosaka.wablog.com/83.html
http://aanduosaka.wablog.com/72.html
http://aanduosaka.wablog.com/76.html

|

« ミーティング報告(1月28日) | トップページ | 野宿者の強制排除を許さない4 »

差別との闘い」カテゴリの記事

コメント

本当に労働者には何の責任もないと思ってらっしゃいますか?
本当に労働者は行政からただただ暴力を振るわれるだけの被害者ですか?
私はあなたに言いたいです。市の職員は喜んで執行を行っているとでも?胸の内に悲痛な思いを抱えていないとでも?

労働者がごくごく普通の生活を手にしていないのは社会や行政が悪いのですか?

権力に対し声高に歪んだ正義を叫ぶことがあなたに出来ることなのですか?

投稿: ヨリ | 2006年1月31日 (火) 09:05

通りがかりの者です。
このブログの記事からは筆者が「市の職員が喜んで執行を行っている」と思っているとは読めないですけどねえ。
執行した職員は悲痛な思いを抱えているでしょうし、そんなことやりたい職員いないでしょう、当然。
この記事では、市の職員も労働者、野宿者も労働者。で、労働者同士が敵対にあることを問題にしているのでは?もっと労働組合ががんばって、敵対させる仕事をやめさせようと言っているのでは。
ゆがんだ正義というより、社会をよくするための意見でしょう。
ま、意見だけでなく、この中トロさんがが実際にどう行動できるか、が一番重要なのですけどね。
がんばってください、中トロさん。

投稿: セキサバ | 2006年1月31日 (火) 19:03

市の職員は踊らされとるだけや。そやけど、己の首かけてやめようやというヤツもおらんわな。そんなこというて反対してもうたら自分も職なくなるさかいな。そういう意味じゃ、市の職員もホームレスと紙一重やわな。
己が殴られたくなかったら、殴る側に回らんとしゃーない。そうやって起こるのが弱いもんイジメやから。ま、市の職員もサラリーマンやから反対できん立場やろ。
そんな覇気がっあったら、やってられんのちゃうか?
飼い犬は主人の手かまんかったら餌にありつける。そやけどジジイになるまで、首に縄はついたまんまや。
ワシは、市の職員もリスクしょって生きとるとは思うよ。

投稿: なにわ金極道 | 2006年1月31日 (火) 23:58

少額ですが救援資金カンパ送らせていただきました。

投稿: へぼ市民 | 2006年2月 1日 (水) 18:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市職員に訴える:

« ミーティング報告(1月28日) | トップページ | 野宿者の強制排除を許さない4 »